第61話

「解りました。あと、少しですよ」

 渋々、警備員も席に着いた。


「ありがとう。オジ様~👄✨💕」

 ダメ押しのオッパイ攻撃だ。

 半分、見せてンだろう。

「うゥ…😳💦💦💦」

 年配の警備員も顔を赤らめていた。


 姫乃はメグやオレたちに向かって告げた。

「いい事、今度、無駄口を叩いたら、即刻、退場だからね」

「ええ、わかったわよ…😒💦💦」

 メグが肩を竦めた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます