第60話 ジジー転がしの女王

「はい、ありがとうございます」

 胸の谷間を強調するように頭を下げた。


「はぁ…😳💦💦」

 それを見て年配の警備員も鼻の下を長くしていた。

 これぞ、魔性の女……

 

《ジジー転がしの女王》だ。


「あと、2、3質問したら、おいとましますからァ~ー👄✨💕」

 姫乃得意のセクシーボイスだ。

 声が徐々にイロっぽくなっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます