第52話 ウソォ~

「ニノっち、何、そんなトコで遊んでンだよ!」

 メグが笑いながら座った。


「別に、遊んでるワケじゃねぇ~って!」


「いいから、手っ取り早く示談しちゃいなさいよ!」

 杏璃は面倒くさそうに言った。


「っで、何、この彼女は…、新しいメンバー?」

 メグが姫乃を親指で差した。


《エロ弁護士(ベン)や~!》

「え、江ノ電?」

 メグが聞き間違えたようだ。


「弁護士よ!」

 姫乃は苦笑い。


「え、ウッソ~……、マジ~?」

 一斉に、声を上げた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます