第53話 杏璃が

 確かに、信じられない。

 姫乃を弁護士だと紹介されて、あっさり承知する人など皆無だ。


「フフ、こんなオッパイ半分、出かかっている弁護士なんかいるワケねぇ~ジャン!」

 メグは、姫乃のオッパイを突っついた。

 姫乃は、『ムッ』睨みつけた。


「まぁ、いちゃうから恐ろしいンだけどね!」

 オレは小声で突っ込んだ。


「あ、もしかして、キララ姫乃じゃない…😰❓」

 杏璃が気付いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます