第7話 っで、私の部屋は?

 ゾクゾクするほどイロっぽい。

「フフ…、なぁ~ンって、冗談よ…😆🎶✨」突然、高笑いした。

「はぁ…😳💦💦」ビックリさせるなよ。

 やっとリビングに着き姫乃はソファに座った。

「しっかし、デッカいよねぇ…… 何、ここ、旅館なの?」

 女優帽をポーンとオレの方に放り投げてきた。


「いや、別に…😅💦💦」かろうじて、受け取った。


「っで、私の部屋は?」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます