第6話 素敵な一夜を過ごす

「いや、あのですねぇ……! 姫が、ナンで、いきなり来るンですか。屋敷ウチにィ……!?」


「フフン…👄✨💕💕」

 笑顔でオレに唇を近付けてきた。眩暈めまいがするほど、甘くて良い匂いだ。

 オレは、ゴクリと生ツバを飲み込んだ。


童貞バージン少年キッドウチで、素敵な一夜を過ごすためじゃン…👄✨☝💕」

 姫乃は、オレの頬を指先で優しく撫でた。

「フゥ~…👄✨💕」

 甘くささやくような吐息を吹き掛けてきた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます