第3話 誰がオバさんよ…😒✨✨

「タケシって、オ、オヤジですか…😳💦💦」

「多分ね。お兄さんって事はないでしょォ~👄✨💕」


「ええ……、まぁ、オヤジなら、もォ~… 1年くらい帰ってこないけど……」

「マジ~、何、ソレ~。ちょっと…、この荷物、持ってきて」


「え~? 何で、オレが…😳💦💦」彼女は断りもなく勝手に屋敷の中に入って行った。

 オレは彼女のキャリーバックを持って追い掛けた。

「ちょっ、ちょっと、オバさん…😰💦💦」

 

「はァ~ー…❗❗❗ 誰がオバさんよ…😒✨✨」

 彼女は振り返って睨みつけた。

「うゥ…😲💦💦💦」思わず、ドキッとした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます