第2話 南国のリゾート地かよ

 全く正気の沙汰とは思えない。

 そんな格好で、ここまで外を歩いてきたのか。

 近くでセクシーグラビアの撮影でもしてるのか。

 南国のリゾート地かよ。ここは……


「タケシは…?」

 いきなり、その彼女が屋敷の中を覗き込んで訊いてきた。

「え…😳💦💦」

 クラクラするほど良い匂いだ。

 目を見張るほど、デッカいオッパイが目前にある。

 一気に股間の《いけない少年》はマックス・ボルテージだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます