第4話 明日香 姫乃❗❗

「いや、だって、誰なンですか… あなたは……😓💦💦」


「あ、ン…、私…😌✨💕」

 彼女は妖しく微笑んで、ゆっくりとサングラスを外した。


 その大きな瞳を見た瞬間、あまりの衝撃に目を疑った。


「う……😲💦💦 マジか。あなたは…、ひ、ひ、姫ェ~…😳💦💦 明日香 姫乃❗❗」


「フフ…、あァ~ら、ご存じ?」

 ニッコリと微笑を浮かべた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます