30. クリスマスケーキ

「あ、でも、そっか……そうだよね」


 驚いた声を出してすぐ、私は気づく。言われてみれば、そうだ。

 クリスマスパーティーに参加するなら、みんなとどこかでお昼を食べて、そのままパーティーの可能性が十分にある。

 少し離れたところに住んでいる子もいるし、家に帰ってからもう一度学校の近辺で集まるのは手間だからだ。

 私は不参加だからいいとして、不参加の私と一緒に帰っていること自体がおかしかったのだ。


 佐藤さんたちから助けだすために、真衣に「帰ろう」と声をかけた。だけど、真衣がクリスマスパーティーに参加するなら、教室を出てすぐに別れて、真衣はパーティーに参加する別の友だちのところへ向かっても良かったのだ。


「ちょっと用事ができちゃって」

「用事って、なんの?」


 尋ねながら、大園さんの最後の反応の理由に思い当たる。私が一緒に帰ろうと誘ったから、私との用事で断ったと、佐藤さんや大園さんは誤解したのかもしれない。

 道理で私が睨まれていたわけだ。大園さんの中では『私のせい』ということになっているのだろう。


 でも、私は帰宅して昼ご飯を食べたら、夜までバイトだ。真衣との約束なんてなく、私は関係ない。

 真衣が喧嘩してまで優先させるなら、とても大事な用事なんだろう。でも、それが何なのか、ちっとも想像がつかない。


 真衣は唇に人差し指をあて「ふふ、内緒」と笑う。

 親友の私にも言えないことなんだ、と少し寂しさを感じてしまう。

 気分はスッキリしないけど、あまり詮索するのもどうかと思って、それ以上は訊かなかった。



 真衣とは家の前で別れて、帰宅後、お昼を取り出すために冷蔵庫を開け確認した。


「やっぱり少ない」


 朝に気付いた料理の数だ。タッパーを取り出し数えてみたけど、明日には食べきってしまう数しかない。

 どういうことだろう。

 崇さんがこんな初歩的なミスをするなんて思えない。家政夫の仕事を始めたばかりならともかく、慣れてきた今頃にだなんて、不自然に思える。私の考えすぎだろうか。

 今井さんはまだ休暇中なので相談できないし、やはりここは崇さんに連絡を取るべきか。


 ただ、終業式の間に校長先生の話をろくに聞かず、ご飯が足りない場合はどうするのか考えてはいた。その結果、崇さんに連絡を取るのも躊躇ってしまう。

 崇さんは契約を終えたのだ。

 昨日、崇さんが帰る前に作り置きの料理が足りているのか、きちんと確認していれば、仕事の時間内に対応してもらえたのだ。

 崇さんの不手際というよりは、私の確認不足が悪かったとも言える。


 温めた昼食を食べながらも考え、仕方ないと結論づけた。

 簡単なものなら私も作れるようになったんだから、足りない分は自分で作ればいい。

 バイトが忙しくて作る余裕がなければ、コンビニかスーパーでお弁当を買えばいい。1日かそこらのことだ。きっとどうにかなる。

 崇さんに教わったことが、まさかこんなに早く役立つとは思わなかったけれど。

 食器を洗うと、出かける準備をして、バイト先へ向かった。


        ☆


 クリスマスイブのバイトはとにかく忙しかった。

 我が家ではクリスマスケーキなんて買わないから、クリスマスのケーキ屋さんというものを知らなかったんだけど、想像以上だ。

 日頃から人気のあるケーキ屋さんなので、ここらのお店の中では特に混んでいたのかもしれない。


 臨時バイトの女性が3人も入っていたので、辛うじて手が足りないということはなかったけれど、ひっきりなしにお客さんがいらっしゃるので、常に動いていた。

 予約のクリスマスケーキのお客さんだけならば、ケーキを手渡し、お金を受け取るだけなので多少はスムーズだろう。

 けれど、うちの店は予約外のホールケーキやカットケーキも置いている。


 意外とカットケーキを買っていくお客さんも多くて、少し注文がややこしくなる。間違えないように気をつかいながらで、閉店する頃には肉体的な疲れと気疲れでぐったりしていた。

 それでも、何とか今日の営業を終えた。


「足がパンパンだよ……」

「私も」


 臨時バイトの人たちがこそこそ言っているのを聞いて、内心でものすごく同意していた。

 今夜は足に湿布を貼って寝た方がいいかもしれない。何もしないと、確実に足の痛みや疲れを明日に持ち越す。


 節々が痛む体で何とか片付けを終えると、私は「お疲れさまでした」と早々に帰ることにした。

 早く家に帰って、ぐっすり眠りたい。疲れすぎてお腹も空いていないので、ご飯も食べずにベッドへ直行したい。


「あ、桂木」

「はい?」


 裏口に向かおうとした私は足を止めた。店長を振り返ると、何やらこそこそ手招きをされる。

 こそこそと言っても、店長は体が大きいので、全然隠せていないのだけども。

 店長の元へ寄ると、他のバイトさんたちは私たちに挨拶をして先に帰っていった。私も「お疲れさまです」と皆さんに頭を下げると、店長に向き直った。


「なんですか。店長」

「ん、これ」


 店長が私に箱を差し出す。それはケーキの箱だ。


「え」


 考えるよりも先に、受け取ってしまう。


「なんですか、これ」

「みんなで食べてくれ」

「みんなでって言われましても……」


 一体、誰と?


 お父さんは、未だに甘いものが好きかさえ知らないままだ。例え好きだったとしても、昨日の今日で一緒に食べる気分にはなれなかった。

 真衣と食べたいけど、クリスマスパーティーを断るくらいの大事な用事があるのだ。帰宅が遅くなる可能性もあるかもしれない。

 それに、鈴木家もクリスマスケーキを用意しているはずだ。

 崇さんは……無理だ。会いたいけど、仕事は終わったのに個人的に呼び出すことなんて、私にはできない。

 結局、ケーキを一緒に食べる相手なんて思いつかなかった。

 だいたい、私はクリスマスなんてしたくないのだ。クリスマスケーキなんて不要だ。


「店長、困ります」


 私はケーキの箱を突き返そうとした。店長は受け取ってくれない。


「桂木が持って帰らなきゃ、傷んでしまうだけだ。食べられないなら捨ててもいい」

「ずるいです……」


 さすがに、店長が作ってくれたものを捨てられるわけがなかった。

 美味しいからというのもあるけど、店長が心をこめて作っている姿をバイトの合間に見ているのだ。

 これはクリスマスケーキじゃなくて、ただのケーキだ。そう暗示をかけて、一人でやけ食いでもするか。

 私はお礼を言って、店をあとにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます