29. 真衣の喧嘩

 朝、目が覚めると、頭がズキズキと痛んでいた。


「あれ」


 頬に手をやると濡れている。涙だ。昨日は泣いた記憶なんてないので、眠りながら無意識に泣いてしまったようだ。


「どうして涙なんて……」


 答えなんてわかっている。悲しい夢を見たわけじゃない。

 わかってはいるけど、わかりたくない。

 私は何があっても何も感じないと思っていたのに、心の奥底では泣いてしまうほど悲鳴をあげていたというのか。

 その事実を受け入れることが嫌だった。


 手のひらで涙を拭い、体を起こした。ふと、枕元の置き時計を確認すると、起きる時間を15分ほどオーバーしていた。


「やばいっ」


 泣いたせいで脱水にでもなったのか、動く度に頭へ痛みが響くけど、それどころではなかった。

 私は急いで顔を洗いに1階へ下りた。


 お父さんと会ったらどんな顔をすればいいのか。少し心配ではあったけど、杞憂だった。1階は静まり返っていて、人の気配がない。

 洗面所で鏡を見ると、目は少し赤くなっていた。でも、泣いたとバレるほどは腫れていない。学校に泣いた目で行きたくなかったので、良かった。


 顔を拭くと、ダイニングへ向かった。

 のんびりする時間はないけど、お腹がとても空いていた。昨夜、晩ご飯を食べていないので当然だ。朝ご飯を食べないことには昼までもたない。

 食卓にはメモ用紙が置かれていて、なんだろう、と手に取って読んだ。

 メモはお父さんからだ。帰宅が遅くなったことへの謝罪と、今日も仕事で朝が早いので先に行くという内容だった。


「帰ってきてたんだ……」


 今、お父さんがいないことに安堵すればいいのか。怒りをぶつけることができなくて、ガッカリすればいいのか。それとも、過労で倒れたばかりなのに、働きすぎるお父さんを心配すればいいのか。

 どういう感情が正解なのかわからなくて、心が追いつかない。

 とにかく朝ご飯にしよう、とキッチンの冷蔵庫を開ける。


「ん?」


 何か違和感があった。それが何なのか、冷蔵庫の中を隅から隅まで眺めても、答えは見つからない。

 気のせい?

 首をひねりながら、朝ご飯と書かれたタッパーを取り出し、電子レンジにかける。

 チンと鳴ると同時に気づいた。

 慌てて、もう一度冷蔵庫を開ける。

 当たり前ではあるが、さっき見た通りの光景が広がっている。でも、いつもの光景とは少し違った。


「やっぱり。なんで?」


 いつもより、タッパーの数が少ないように感じる。

 月水金で崇さんに来てもらっているうち、金曜日は土日の分も必要で、一番作り置きの量が多くなる。それなのに、他の曜日と同じか、あるいは他の曜日よりも少ないくらいかもしれない。

 次に家政夫さんが入るのは明後日の26日。

 これで足りるんだろうか。


 私はスマホを取り出し、崇さんに連絡しようか迷う。そこでスマホに表示された時間が目に入った。


「あ、そうだった!」


 寝坊したから時間がない。崇さんに確認するのは夜でもいいだろう。



 体育館で行われた、校長先生の話が長くて退屈な終業式を終え、教室に戻った。

 担任の先生から、「冬休み、羽目を外しすぎないように」と注意を受け、ホームルームも終わった。


 教室内がざわついて煩くなる。みんな、冬休みやこの後のクリスマスパーティーに浮かれているようだ。

 クリスマスパーティーは私には関係ない。さっさと帰ろうと鞄を持って立ち上がりかけたところで、「どういうこと!」と甲高い声が教室に響いた。

 みんなが一斉に声のした方を見る。私も思わず腰を下ろして、教室内を見回し、声の主を確認した。


 どうやら佐藤さんのようだ。佐藤さんと大園さんが真衣に何か言っていて、真衣は顔の前で手を合わして、謝るような仕草をしている。

 何があったのだろう。喧嘩だろうか。

 真衣が誰かと揉めている姿なんて初めて見た。


 私は立ち上がり、迷った。

 ここで見て見ぬふりをして帰ることは簡単だ。簡単なはずなのに、それでいいのか……と足は動かない。

 困っている真衣を見捨てていいものなのか。それで友達と、親友と呼べるのだろうか。


 鞄を持つ手に力をこめた。

 それでいいわけ……ない。

 今からしようとすることに、緊張が背筋をかたくする。喉がカラカラになり、貼り付きそうだ。声は出るだろうか。不安になる。

 それでも、私は一歩を踏み出した。真衣たちの元へ行く。


「真衣」


 呼びかけると、真衣は私を見た。続いて、佐藤さんと大園さんもこちらに目を向ける。

 私はなんてことないように、平静を装って喋りかけた。


「真衣、どうしたの?」


 でも、装いきれなかった声が震える。佐藤さんたちの視線の強さに、石にされそうな気持ちだ。

 それでも、私は続けた。


「あの、真衣。一緒に帰ろう」

「茜……。うん、ありがと」


 真衣は笑って私の元へ来た。でも、笑顔はいつものような自然なものではなかった。唇が引きつっている気がする。

 真衣を追いかけるように、大園さんは高い声を尖らせた。


「まだ話の途中でしょ!」


 真衣は二人を振り返った。


「ごめん。でも、私の話は終わったから」

「そんなに桂木さんが大事なの? 私たちよりも!」


 そこで私の名前が出て驚く。

 今、二人と話すよりも、私と帰ることを選んだせいなのか。

 一体、何の話題でこじれているんだろう。

 真衣はそれでも笑った。

 笑っているのに、なぜだか泣きそうに見える。


「みんな友だちだし、どっちが大事だなんてことはないよ。みんな大事。でも、今日だけは譲れないの」

「それでも……!」


 大園さんの言葉はそこで途切れた。佐藤さんが大園さんの肩に手をあて、首を横に振る。

 大園さんは何を言うつもりだったのだろう。


 パッと思いついたのは、私よりも自分たちを優先して欲しいということ。

 小学生くらいの頃、真衣は私以外にもたくさんの友だちがいた。ときには他の友だちを優先していると感じ、私は嫉妬を覚えたのだ。

 私よりも他の子が大事なのか、と。


 今思えば、バカな感情だったと思う。私だけを大事にしろと言っているような要求が正しいわけない。

 それでも、今でも、他の友だちと仲良くしている真衣を見ると、寂しく感じることがある。

 それに近い感情なのかもしれない。


「ごめんね、二人とも。また冬休み明けにね。バイバイ」


 真衣は申し訳なさそうな顔をしながらも、口元は笑みを浮かべ、手を振った。

 佐藤さんは手をあげてくれたけど、表情が硬いままだ。笑ってない。

 大園さんは睨むような目で私を見ている。


「茜、行こっか」

「いいの?」


 私から二人と引き離すようなことを言っておいて何だけど、喧嘩別れして、3学期には何もなかったように笑えるのだろうか。

 私の心配をよそに、真衣は頷いた。

 教室を出るときに気になって振り向くと、二人はまだこちらを見たままだった。


 私たちは学校を出て、駅までの道を無言で並んで歩く。

 何か話を……とは思うものの、話題が見つからない。

 いや、話したいことならある。さっきの喧嘩の原因についてだ。どうして喧嘩になったのか気になっている。


 だけど、訊いていいのか……と考えると、言い出せずにいた。真衣から話さないなら、私には言いたくないのかもしれない。

 そんな風に考えていたけど、駅が見えてきた頃、真衣は口を開いた。


「……今日のクリスマスパーティー、断っちゃったんだ。ドタキャンなんて、怒られて当たり前だよね」

「えっ!」


 ドタキャン?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます