ex. 一日遅れのメリークリスマス! 2

 次に目を覚ますと、私は自分の部屋で寝かされているようだった。


「んん……?」


 顔を横に向けると、見覚えのある家具が目に入る。


「目が覚めたか」

「きゃっ」


 いきなり、視界いっぱいのドアップで崇さんの顔が割り込んできて、私は驚く。


「崇さん……?」


 体を動かそうとして、素肌に布団のシーツが触れる感触に気付いた。


「あ、あれ、もしかして……」


 私、今、素っ裸……?

 恥ずかしくなって、布団を持ち上げ口元まで隠す。


「覚えてるか? 風呂で倒れたんだ」

「あ、そういえば」

「今井さんは家政婦の仕事で忙しいから、茜の目が覚めるまでオレが付き添ってたんだ」

「ありがとうございます」

「いや。のぼせただけだとは思うが、もう大丈夫そうか?」

「あ、はい。たぶん」


 動いてみないと確証はもてないけど、今のところ気分はよいし、めまいも感じない。おかしなところはない。

 おそらく横になっている間にのぼせは治まったのだろう。


「それなら先に下に行ってるから、茜も着替えたら来いよ」

「わかりました」


 布団の中で、部屋を出ていく崇さんを見送った。ドアが閉まり、一人になる。


「え、ちょっと待って」


 そっと布団を持ち上げて、自分の体を見る。うん、下着も何もない。真っ裸だ。

 お風呂場で倒れた私がここにいるってどういうことだろう。誰が部屋に運んだんだ。

 そこまで考えたら、声にならない声を心の中で上げた。それってもしかして、もしかして……崇さんに運ばれたってことよね!?


「わああああ」


 恥ずかしすぎて、布団を頭から被って自分を隠す。今の私を見る人なんて誰もいないとわかってはいるけど、この気持ちをどうしたらいいんだ……!!


「わ、私、見られたの……?」


 裸を、崇さんに。

 もう嫌だ。恥ずかしすぎて、死ねる。どんな顔で崇さんに会ったらいいんだ。



 気まずいと思いながらも、いつまでも部屋にいるわけにはいかない。

 ジーパンにカットソーを合わせて、上から分厚いセーターを着てしっかりと防寒した私は1階へ下りた。リビングのドアをそっと開けて、中を覗く。


 崇さんはクリスマスツリーを設置するところらしく、一度置いて、また持ち上げて置き場所を変えていた。最終的に、窓のそばに飾ることに決めたようで、窓際に置いていた。

 崇さんの胸元まである大きなツリーだ。


「あ、茜! 前に買った星のオーナメントを持ってこいよ」

「は、はい!」


 私に気づいた崇さんに呼びかけられ、ドキッとしてしまう。

 私は慌てて2階の自室に舞い戻り、扉を閉めた。扉にもたれかかって、はあーっと息をつく。

 胸がドキドキしていて、顔が赤くなっていないか心配になった。頬を触ると、少し熱い。

 気を緩めると崇さんのことばかり考えそうになるので、私は頭を横に振って追い払おうとした。


「それより、オーナメントね……」


 買ってもらったオーナメントは紙袋にまとめて入れたままだ。机に置いてある紙袋を手に持った。

 リビングに再び戻ると、崇さんは他のオーナメントの準備もしていた。何も飾りつけられていないツリーのそばに広げられている。サンタさんにトナカイ、ボール、ベルなどだ。


「カラフルで可愛い~!」

「オレはセンスないから、茜が適当に飾り付けてくれ。オレは最後に電飾をつけるから」

「センスは私もないけど……」


 オーナメントで飾ることはとても楽しそうで、ワクワクしてきた。

 早速、ボールのオーナメントをツリーに取り付けていく。買ってもらった星のオーナメントも忘れない。続いて、サンタさん、トナカイ、ベルと飾り付けていった。

 素っ気なかったツリーがどんどん可愛くなっていく。

 最後に、たったひとつのトップスターを手に取った。それをツリーの頂点に差し込む。


「できた!」

「おし。じゃあ電飾を巻いてっと」


 崇さんはツリーに電飾を巻いていき、スイッチを入れる。赤や青、緑、黄などの光が灯る。


「うわあああ」


 初めて自分で飾り付けたツリーはとても綺麗だった。電飾の明かりで、なんだか幻想的な雰囲気になる。

 今まではクリスマスというと、一人寂しく過ごし、誕生日も忘れ去られたような気分になってしまい嫌だった。だけど、今日は準備するだけでもとても楽しくて、皆がクリスマスを好む理由を理解した。


 しばらくツリーを眺めていて、私はふと気づいた。星のオーナメントの代金は確かお父さんが出してくれたはず。


「もしかして、この星のオーナメントが今年のクリスマスプレゼントなのかな?」


 ツリーからぶら下がっている星の一つに手を伸ばした。


「ああ、そうかもな。今年のプレゼントは何をあげたら喜ぶだろうと迷ってたみたいだ。だから、クリスマスマーケットで茜が欲しがるものがあれば、プレゼントしてくれって言われたんだ」

「なるほど」

「ついでに言うと、このツリーも他のオーナメントも全部、親父さんが買ってきたんだぜ」

「え、これって家にあったツリーじゃないの?」


 私は崇さんの顔を見たあと、もう一度ツリーに視線を戻す。

 母が生きていた頃のことはほとんど覚えてないけど、多くの家庭でクリスマスを祝うと思うので、おそらくわが家もツリーを飾ってクリスマスを祝っていたはずだ。

 なので、家にある古いツリーやオーナメントを引っ張り出してきたのかと思っていた。


「茜が幼い頃は、ツリーも小さなものを飾ってたんだってさ。この機に大きなものを買いなおしたらしい」

「そうなんだ……あとでお父さんにお礼を言わなきゃだね」

「ああ。嬉しそうな茜を見たら喜ぶと思う」

「そうかな」

「そうだよ」と崇さんが優しい顔で微笑むから、なんだか照れくさくなってしまう。

「お父さん、早く帰ってこないかな」

「今日も仕事だからなー。帰宅は夜か。残念ながらまだまだだ」


 そっか、と笑いかけたところで、ダイニングから今井さんに呼ばれた。


「茜ちゃん。遅くなったけど、お昼を用意したから食べてちょうだい」

「すみません、ありがとうございます」


 言われて、お腹が空いていることに気づく。昼前に起きたから朝ごはんを食べそびれたし、今はもう午後の2時すぎだ。空腹で当然だ。

 私は食卓についた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます