33. 12年分の想い

「何、これ……」


 一つを取り出し、手に取ってみる。すると、プレゼントらしき山が私に向かって倒れてきた。


「え、きゃあ!」


 何個か受け止め、崩れるのを止めようとしたが、見事に崩れてしまった。

 周りを確認すると、クローゼットの中に少し残し、残りはクローゼットの前や少し離れた場所まで散乱している。

 私は手に持っている包みを見た。それはピンクの花模様の包装紙に、赤い花の形をしたリボンが付いている。


 もうひとつは、緑色の無地の包装紙に赤いリボンだ。

 クローゼットの中の包みも一つ取ると、それは薄茶に変色しているけど、元は白かったのだろう包装紙だった。赤いインクでピエロの絵が描かれ、ピンクのリボンが巻かれている。

 他の落ちている包みも、カラフルな包装紙にリボンや花などが付いていて、プレゼントで間違いないとわかった。


「茜。これって、もしかして……」


 私の横に座り込んで包みを眺めた真衣が呟く。その続きは私にも想像できた。


「グラグラで危ないなぁとは思ってたけど、崩れちまったか」


 崇さんが離れた位置に転がった包みを拾い上げ、私に渡す。


「オレも親父さんに確認したわけじゃないし、たぶんだけど、ラッピングの可愛さを見てると想像が付くんだ。茜、数えてみなよ」

「う、うん……」


 一つ一つ並べながら数えていく。

 数えるにつれ、予測が確信に変わっていく。

 全部で24個あった。

 私はプレゼントの前でへたり込んだ。

 お母さんが亡くなったのは4歳のときと聞いている。

 その次の年、5歳、6歳と指折り数え、去年の16歳で12個。かける2をして24個。

 今年の分は、一つがリビングに、もう一つはどこか別の場所?


「オレの想像通りか?」


 覗き込む崇さんを、私は呆然と見上げた。


「合ってると思う……。お母さんが亡くなってからの、誕生日とクリスマスのプレゼント」


 24個。1年に2個ずつで、12年分。

 一般的にプレゼントというと、誕生日とクリスマスだ。それに、包みの半分ほどはクリスマスカラーだった。

 お祝いがほぼ同じ日であれば、まとめて一つで済ます人もいるのに、お父さんはわざわざ2個ずつ用意してくれていた。

 崇さんもしゃがみ込んで、包みを眺めた。


「親父さんって本当に不器用だよな」

「ああ、確かにね」


 真衣は苦笑するように同意した。


「不器用……?」


 そういえば、前にも崇さんはお父さんのことを不器用と言っていた。私はお父さんのことをそんな風に感じたことがない。

 でも、私はお父さんがどんな人なのか知らないのだ。不器用であるかどうかなんて、知らない。

 崇さんは私の目を見て、笑った。


「過労で倒れるくらいだし、仕事が忙しかったのも本当なんだろう。でも、帰れず渡しそびれて。茜と向き合う時間もなかったから、どうすればいいのか、わからなくなったんじゃないか」

「それ……私みたい……」


 止まっていた涙が再びポロッとこぼれる。

 私も混乱してしまうのか、すぐに何をどうしたらいいのかわからなくなる。まさかこんなところに、親子の共通点があるなんて思わなかった。


「茜とおじさんって、そういうところそっくりだよね。このプレゼントも、渡せないうちに、もっと渡せなくなっちゃったんじゃないかな。それでも、捨てることはできなくて、大事にしていた。それがきっと茜への気持ちなんだよ。ずっと茜が大事で、忘れたことなんてなかったはず」

「真衣……」


 隣にいる真衣を確認しようと思うのに、視界がぼやける。

 オーナメントが初めてのプレゼントじゃなかった。さっきのプレゼントも初めての誕生日プレゼントじゃなかった。昨日帰れなかったから、私の機嫌を取るために慌てて買ったわけでもなかった。

 考えなくてもわかることだ。パーティーの準備なんて、半日かそこらでできることじゃない。きっと前から、この日にやろうと打ち合わせていたはず。

 それなのに、私はそんなことも見えなくなっていた。


 真衣が私の背中を優しく叩く。その手から励ましの気持ちが伝わり、心が震えた。

 二人から勇気を分けてもらっている。


「私、お父さんを探しに行く」


 それは自然と出た答えだった。

 まだ私にだって変わるチャンスはある。できることはある。このまま何もせずに今日を終えることはできない。

 目元を拭って、立ち上がった。崇さんも立ち上がり、時計を見た。


「8時か。親父さんも、こんな時間に電車で遠くまで移動はしないと思うし、この辺りにいそうだよな。女の子一人じゃ危ないし、オレも一緒に探すよ」

「うーん、じゃあ私はここで待って連絡係かな? おじさんが帰ってきたら、携帯で電話するよ」


 当たり前のように提案する二人に、私はまたもや泣きそうになった。さっきから涙腺が崩壊してばかりだ。


「ああ、ほら。泣いてたって進まないから」


 いつの間にか放り出していたティッシュの箱を崇さんが拾い、私に差し出す。何枚か引き出すと、私は再び鼻をかんで、頭を下げた。


「二人とも、ありがとう。よろしくお願いします」


        ☆


 崇さんと一緒に、家を飛び出した。


「どっちだろう」


 左右を向いて、私は勘で左に走った。

 走りながら辺りを見回すが、それらしい姿がない。時々、帰宅する人とすれ違うくらいだ。

 崇さんは走りながらも、お父さんに電話をかけている。だけど、何度コールしても出ないようだ。

 もしかしたら携帯を持たずに家を出たのかもしれない。


 私は今更ながらに、お父さんの電話番号を知らないことを後悔していた。知らないから、自分で電話をかけることができない。

 お父さんに用事なんてないし、必要ないと思っていた。お父さんは私の携帯の契約をしていて、私の番号を知っているのだから、何かあればそれで事足りるだろうと思っていた。

 向き合おうとしていなかったのはお父さんじゃない。私だ。

 そんな事実に気づいた。


「どこに行ったの」


 こっちで合っているのか。見当違いな場所を探しているのかもしれない。

 お父さんが普段、会社以外ではどういうところに行くのか知らない。こういうとき、お父さんがどこに行くのか想像できない。

 お父さんにはお父さんの想いがあるとか、プライベートがあるとか、そういうことを今まで一切想像したこともなかった。お父さんはお父さんという認識だけ。


 ずっと走っていて、息が切れて胸が苦しい。

 もしかしたら、もっと遠くに行ったのかもしれない。

 それでも、私は諦めたくなかった。走ることをやめると、諦めることになりそうで怖くて、私は走り続けた。

 崇さんもそれに付き合ってくれる。

 静かな住宅街に私たちの息づかいと足音が響いていた。



 どのくらい走ったのか。私はふと、景色に見覚えがあると気づいた。

 あまり馴染みのない場所まで来たはずなのに、街並みに微かに覚えがある。

 たぶん全てを知っているのではない。おぼろげな記憶から変わっているところもある。

 それでも、既視感があった。

 一体、いつ――。

 考えたところで、お母さんとお父さんの笑顔が脳裏に浮かんだ。今より若いころの二人と私がどこかの公園で遊んでいる。

 お母さんとの思い出なんて残ってないと思っていたのに、記憶の奥底に眠っていたことに驚く。


「崇さん。この近くに小さな公園があるはずなんです。幼い頃、お母さんやお父さんと遊びに来た公園だと思います」


 走りながら崇さんを見ると、崇さんはハッとした。


「公園ならベンチがある」

「あっ、そっか。もしかしたら、そこにお父さんが……」


 そんな偶然があるわけない。それでも、私たちはおぼろげな記憶を頼りに公園へ足を向けた。

 やがて、暗がりの中で、ゾウさんの形をした滑り台やシーソーが見えてきた。

 あそこだ。

 お父さんは?

 遊具から視線を外し、公園の隅々を確認した。


「いた……!」


 お父さんらしき人影が公園の隅にあるベンチに座っていた。ぼーっと空を眺めているように見える。

 スピードを上げて公園の入り口まで走ると、一旦立ち止まり、息を整えた。


「崇さん、私、行ってきます。崇さんはここで待っててくれますか」

「ああ、二人でしっかり話してこい」


 崇さんは力強くうなずく。私は彼にお礼を言った。

 そして、お父さんを見る。

 公園には明かりがなく暗いけど、ここまで来ると、お父さんで間違いないことは確認できた。

 探したいと思ってここまで来た。でも、何を伝えたいのか明確な形にはなっていない。

 それでも、私は公園に足を踏み入れた。ジャリッと砂を踏む音が響き、お父さんがこちらを向く。


「茜……」


 目が合った。暗くて明確には見えないけど、確かに目が合った。

 だけど、お父さんはすぐに目をそらし立ち上がる。


「行かないで!」


 お父さんの元へ走り寄り、腕を掴んだ。

 今度こそ、絶対に離さない。手に力をこめる。


「お父さん、ごめん……なさい」


 頭で考えるより早く、言葉が出ていた。


「茜?」


 お父さんの声は穏やかで、しかし、少し混乱している響きがあった。


「私、お父さんのことを何もわかってなかった」


 お父さんの目を見つめる。お父さんの目は戸惑うように左右に揺れている。


「お父さんは私のために働いて、私のためにプレゼントを用意して。私のことを考えてくれていたのに、私はそれに気づいてなかった。自分一人が不幸だと思い込んで、自分勝手で我が儘で、小さな子供みたいに癇癪を起こしていたの」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます