波間の読者

 彼女はいつも、夕方、波打ち際で流木に腰掛けていた。

 遠い波間から、あの子は何をしているのだろう、とわたしはいつも眺めていた。

 ある日、気まぐれな大きな波が、わたしを波打ち際に押し流し、彼女と邂逅した。

 そして、彼女は波打ち際で本を読んでいたと知った。


 海の中にはない紙。人魚は持たない文字。

 彼女から文字の読み方を教わったら、彼女が読んでいた本を読んでみたくなった。

 紙の本は海の中に持っていけないから、と彼女が渡してくれたのは、つるつるとした板だった。

 文字が浮かんでは消える不思議な板で、暗い夜でも本を読める。


 最近は、彼女が書いたという小説を楽しんでいる。

 感想を届けるため、今日も波に紛れて彼女に会いに行く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます