見つめる目

 崖の上から海へ飛び込む遊びは、村の少年たちに受け継がれている度胸試しだ。

 大人たちは、人魚がいるから危ない、と渋い顔をする。

 この海には人魚がいて、目が合うと海の底へ引きずり込まれてしまう。海中に大きな影を見つけたら逃げろ、と言われていた。

 しかし、だからこその度胸試しだ。

 黒い影が見える、と仲間の一人が崖下を指さし、顔を見合わせる。


 さあ、誰が最初に飛び込むか。


 真っ先に手を挙げた少年は、今も見える黒い影に怯むことなく笑った。

 口先だけは平気なふりをする仲間に背を向けて、両手を広げ、深い青の中へ飛び降りた。

 あっという間に冷たい水と白い泡に包まれ――少年は、泡の隙間からこちらを覗く黒い眼を見つけた。


※Twitter300字SS参加作品。お題「遊ぶ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

300字くらいの掌編たち 永坂暖日 @nagasaka_danpi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

作者

永坂暖日 @nagasaka_danpi

趣味の物書き。異世界ファンタジーを中心に、現代物とかSFっぽいものも書いてます。本拠地は『夢想叙事』http://musojoji.flier.jp/もっと見る

近況ノート

もっと見る