普段着のお内裏様

 今年は健君と美弥ちゃんなのね。

 美男美女なお内裏様だこと。


 この町の名物である人間雛飾りは、町立高校の三年生の中からくじ引きで各人形役を選出する。

 高校最後のイベントで、内裏役になった二人は結ばれる、というジンクス付きだ。

 受験の帰り道、転んで捻挫しなければ私が一番上にいるはずだったのに。

 二人をほめそやす周囲に耐えられなくて、 足を引きずり帰宅した。


 健がうちに来たのは夕方のこと。

 これしか借りられなかったけど、と健が差し出したのは、美弥が持っていた檜扇だった。

「お姫様役、やりたかったんだろ?」

 笏を持った健が笑う。

「普段着のお内裏様なんて、変じゃん」

 言いながらも、すました顔で健と並び、写真を撮ってもらった。



※第40回Twitter300字SS参加作品。お題「人形」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます