遺言

 母の遺品を整理していたときにそれを見つけた。

 掌にすっぽり収まる平たいケースは無地で、鈍く光る銀色だった。裏返すと、数年先の日付が書いてあった。きっとタイムカプセルなのだろう。

 ケースの中には手紙が入っていた。

 母は未来の自身にどんな言葉を寄せていたのだろう。

 切ない気持ちになりながら、手紙を読む。読み進めるうち、私は震えるようになっていた。

 ある男への恨み辛み、憎しみがつづられていた。


 絶対に許さない。必ず復讐してやる。私ができなくとも、きっと娘が果たしてくれる。


 ケースの中には、折り畳まれた古い写真も入っていた。

 初めて目にする父の顔。


 手紙は私宛だった。復讐せよと、手紙の中の、遺影の中の母が言っている。



※お題『復讐』『鈍く光る』『タイムカプセル』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます