彼女の『魔法』

 奇妙な力を持つため親に捨てられた少年に、とんがり帽子の女は言った。

「碧玉が宿る目を持つ者は魔法使いになれるんだよ」

 清潔な衣服と温かい食事。貧しい家庭ではとうてい望めない高度な教育を与えられ、挙げ句の果てに希代の魔法使いの元へ送り出された。

「あの魔女気取りめ、最後はいつも俺に押しつける」

 魔法使いのため息を聞く前から、少年は気がついていた。

「ですが、あの人は確かに魔法を使います。僕らのものとは違うけれど」

 死にかけていた子供に、生きる力と気力を授け、その後の人生を開いてくれた。

 それは、誰もができることではない。領主の妻である彼女だからこそ使えた『魔法』だ。

「……まあな」

 ため息の後、魔法使いが呟いた。




※Twitterの「#魔女集会で会いましょう」というタグに触発されて書きました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます