通り雨

 ルームメイトがそわそわしながら窓辺に近寄った。

 通り雨のようだ。

 雨がやむ瞬間を見逃さないよう、空を見つめている。


 今日みたいな通り雨の後、私の部屋に転がり込んできた。

 それは偶然で、どうしてそうなったのかは誰にもわからなかったけれど、帰れるようになるまでいてもいいよ、と私は言った。


 夏のあの日から半年。

 すぐに帰れるだろうと思っていたけれど、案外そうならなかった。

 だけど、今日こそは帰れそうだ。雨が弱くなり、空が明るくなる。

 ルームメイトは窓を開け放ち、一度私を見て、身を踊らせた。


 窓から見える空は青く、大きな虹が架かる。


 また来てもいいよと言おうとして、やめた。

 狭い室内より広い空の方が、断然似合っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます