崖の上の彼

 また始めたよ、と一人が声を上げ、浜にいた少女たちは一斉に同じ方角を見た。

 海に突き出た崖の上に人影がいくつも。

 崖の上から海へ飛び込むのは、村の少年たちの度胸試しとして昔から続いている。

 だけど、真冬の海に飛び込むようになったのはこの冬から。誰が一番度胸があるか、何かと競っている少年二人が始めたのだ。

 それはあっという間に村の少年たちに広がった。


 今にも雪が舞い降りてきそうな寒空だというのに、少年の一人が着物を脱いで突端に立った。

 遠目でもそれが彼だとわかる。

 彼女が胸の前で両手を握りしめた瞬間、浜から悲鳴が上がる。


 少し間を空けて崖の上から歓声が聞こえた。

 波間から彼女に向かって手を振る彼に、ばか、と呟いた。



※Twitter300字SS参加作品。お題「試す」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます