たくさんの記憶

 粗大ゴミに出された私の新しい主は、いい加減な人だった。私を拾った理由は「捨ててあったから」。

 前の主に初期化され、出荷当時の記憶しかなかった私に、新しい主はメモリーカードを取っ替え引っ替え、次々新しい記憶を突っ込んでいく。

「これ、ロボットの記憶ではないですよね」

 私は早い段階で、カードに記録されているのはロボットではなく、人間の記憶――人格ともいえる記憶だと気が付いた。主が、そんなものをどうやってカードに収めたのか、家事ロボットの私には分からない。

「試してるのさ」

 主は新しいカードを取り出す。

「たくさんの自我を持たされたロボットがどうなるのか」

 なぜ試すのか、理由はない。主はいい加減な人だから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます