傘のある風景

 この国では傘を買う人はいない。傘は道端に生えている。突然の雨でも人々は冷静に、道端に生えている傘を抜く。

 雨がやむと、傘を広げたまま地面に突き刺す。雲が去り太陽が顔を出して濡れた傘が乾いてくると、傘はゆるりと胞子を吐き出す。霞のように大量に撒かれた胞子は風に乗り、あるいは通りすがりの人にひっついて遠くまで運ばれ、地面に降り立つと、小さな傘が芽を出すのだ。

 また雨が降ってきた。土砂降りに見舞われた女の子は、しかし小さな傘しか見つけられない。大きな傘は抜かれたあとだ。

 困り顔の女の子の頭上に傘がかざされる。二人でも十分な大きさだ。

 女の子と男の子は肩を寄せ合い雨の中を歩いていく。

 この国ではよくある光景だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます