(14)


「なぜ止めるのです。敵はまだ生きているのですよ?」

「どう見たって、斬るたびに増えようとしてるだろ」

 このままじゃドツボだ。

 壮大な美しい峡谷だったはずの場所が、密集した八つの巨体で埋まろうとしていた。

 絶景もへったくれもなく、目の前には一面、触手を生やした白紫の肉壁がそびえている。

「ですが、今のうちに斬らねば」

「わかってるよ。でも永遠にこれをやってたら、逆にやべえって」

 惑星すべてがこの巨大マンイーターで埋め尽くされてしまうだろう。

 そうなれば、結局マナは枯渇し、ここは死の星となるはずだ。

 ガドッシュの力では、それを阻止することはできなそうだ。

 絶望的。

「では、どうするのです?」

「考えてる」

 そうしている間にも、八つの巨体はそれぞれの形を取り戻していく。

 どうする、どうする?

 落ち着いて考えろ。絶望は脇に置いとけ。

 やばいのは明白。増殖中は攻撃してこないから、斬り続ければとりあえずは安全だ。だが何百という数になったこいつらを相手にするのは無理だ。

 じゃあどうすればいいんだ?

 剣で斬る以外の方法が何かあればいいが、そんな方法なんて──。

「あ……」

 思い出した。この異世界に来てからいろいろありすぎて、すっかり忘れていた。

「勇者様?」

「ガドッシュ、魔法だよ! 光魔法を使えばいいんだ!」

 なんでさっさと思い出さなかったんだろう。馬鹿じゃん、俺。

 異世界に来る際、女神様から与えられたもの。

 聖剣、勇者不屈、転移石。

 そして最上級の魔法。

 光魔法がどんな性質をもつのか、どうして最強とうたわれているのか、俺はほんの少しだけ女神様からそれを聞いていた。

 ガドッシュが納得の声を上げる。

「なるほど、それならあるいは──ですね」

「だろ? きっと完全に消滅させられるはずだ。だから使い方を教えてくれ!」

 そう。その魔法の使い方もガドッシュから聞くことになっていたのだ。

 忘れていたせいでぶっつけ本番になったが、信じて、やるしかない。

 八体の巨大マンイーターが、むくりと屹立する。

 その姿はまるで、ヤマタノオロチのようだ。

「まず、胸に手を当て、こう口にするのです!」

 ガドッシュの早口のレクチャーに、俺は従った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます