(7)


「……だよな。あれで終わりなわけがねえよな」

「……ですね」

 新たな危機が立ちはだかったというのに、俺は自分が笑っていることに気づいた。同意するガドッシュの声も、緊張感がありつつどこか嬉しそうに聞こえた。

「かかってこいや、おらぁああ!」

 俺が叫ぶと同時、正面のキノコ群が襲いかかってきた。

 無心で踏み込んで剣を振る。刃が二本のキノコを一気に斬り、次いで青の残撃が周囲の群れを刻み散らす。

 すげえ。改めて、すげえぞ!

「勇者様、囲まれたままでは分が悪いです。まずは前進しつつ正面を一掃し、群れから少し距離を取って反転、迎え撃つのです!」

「ああ、わかった!」

 ガドッシュの助言に応じる。横や背後から迫る敵を斬りつつ、目の前の群れをどんどん薙ぎ払い、邪魔な屍を蹴り飛ばしながら突破。

 二、三十本は斬ったと思うが、ひるがえって再び対峙すると、群れはさらに増えていた。

 五十──いや、百本くらいにはなってるんじゃないか?

「くそ、まだまだいくぞ、ガドッシュ!」

「はい!」

 踏み込む。振る。残撃。

 相棒の扱いにも慣れてきた。

 太いキノコの首が、次々と飛ぶ。

 今までの鬱憤を晴らすように、一心不乱に斬りまくった。

 そうだよ。異世界生活はこうでなくちゃいけないだろ。

 警察、刑務所、なんだよそれ。

 更生プログラム、学園、なんだよそれ。

 高額請求、ハロワ、宇宙、なんだよそれ!

「必要ねぇんじゃ、そんなもんはよぉおおお!」

 斬る、斬る、斬る斬る斬る斬る、斬りまくる。

「その猛々しさ、まさしく『勇者』ですね、勇者様!」

「お前もすげえよ。魔剣なんかメじゃねえ、正真正銘、聖剣の中の聖剣だ!」

「当然です!」

 ガドッシュの声も活き活きしている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます