(3)


 落下。落下。落下!!

 安全に下りるつもりだったのだが、これは想定外だった。

「わあああ! やめ、やめ、やめてええええ!」

 俺は直立姿勢のまま、重力に従ってどんどん落ちていく。

 赤土色の大地が迫る。

 残り三十メートル、二十、十──!

 頼む、助けてくれええ!

 ぶつかる、と思った次の瞬間。足の裏に、もっふん、という空気のクッションを踏んだような感触があり、俺は『気をつけ』でホバリングした状態で、大地に立った。

 究極の『チンさむ』を体感してしまったが、無事、着地できたらしい。

 魔法ってすげえ。

「ちょ、ちょっとちびった……」

 しばらくその場で生きている喜びを味わいたかったが、そんな暇はないと気づく。

「キェェェイ!」

 ガドが雄叫びを上げた。すでに崖下に到達していたガドは、俺の数十メートル先を走っている。両腕の肘から先が鮮やかな青光の刃になり、例の動くキノコに斬りかかろうとしていた。

 一方キノコは、遠目で見るよりも太く長く、より不気味な様相をしていた。

 赤土の地面から直接生えていて、丈は俺の身長より少し大きいくらいだろうか。ぱっと数えたところ全部で八本。傘のてっぺんにあたる部分で俺のマナを吸収しながら、胴(茎?)をうねらせている。その姿は芸を覚えたコブラのように見えた。

 ガドはステップを踏み、一気に間合いを詰めると、その一本を光る右腕の刃で一文字に斬った。青の剣閃が残像を生み、キノコは真っ二つになった。その上半分は斬り飛び、ガドの背後にどさりと落ちた。

 その瞬間、残りの七本のキノコの雁首がんくびが一斉にガドを向く。

 ガドの雄叫び。くるりとターンしながら、今度は左腕。

 キノコがもう一本、斜切りにされて動かなくなる。

「……もう少し、相手の出方を見るとかしながら攻撃した方がいいんじゃ?」

 距離を置いてその光景を眺めつつ、そんな慎重な意見を呟いてみるものの。

「キェェェッ!」

 ガドが活き活きと声を上げ、さらに三本を連続して斬り飛ばしたところで、俺はもう、うずうずしてたまらなくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます