(12)


 翌朝。学園に行くとロビーで声をかけられた。

「ツーヨシー」

 声と雰囲気で、相手が誰かはすぐにわかった。先日のことを思い出して少しイラついた俺は、どうせ頭上を飛んでいるのだろうと思い、深く考えずに手を回した。それは本当に反射的な行為で、宙を飛ぶ蚊を払うような感覚だった。無意識だった。

「ひゃあっ!」

 小さな悲鳴、手のひらの感触……そして下ろした自分の右手を見て、その行為がどんな結果を招くのか、ようやく冷静に思い至った。

 もちろん、もう遅い。

 俺はその小さな妖精、ピロロをぐっと握っていた。

 いやぁ。昔から蚊が飛んでると、掴もうとする癖があるんだよな。

「は、離してー!」

「う、うわあっ、やっちまった!」

 俺は慌てて彼女を解放した。

 ムニュってした。……ムニュってした!

 指先の柔らかな感触はしばらく忘れられそうにないが、そんなことより……。

「何するんだよー! びっくりしたじゃんかー!」

「あ、ああ、悪い。マジでごめん」

 ピロロは怒って俺の眉間の辺りをずかずかと踏みつけてきた。踏まれていることより、髪を掴まれていることの方が痛い。

 だがそれ以上のことをするつもりはないようで、俺は安心した。痴漢とか暴行だと言われたらどうしようかと焦っていたのだ。

 これからは軽率な行動を慎もう。……と、何度目かわからない誓いを心の中で立てる。

「そういえばお前、嘘を見抜けるとか言ってたが──」

 踏みつけが落ち着いてきたのを見計らい、俺はピロロが能力を間違って解釈していることと、そのせいで迷惑を被ったことを伝えようとした。

「あ!」

 ──が、ちょうどその時、何か見つけたらしい。彼女は俺のそばをぴゅんと離れてしまった。

「あらピロロ、おはよう」

 行き先は、偶然にもすぐ近くを歩いていたアギーの髪の中だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます