(16)


「それより、抜け出してきて大丈夫だったか? 警察に追われてないのか?」

 もし保管庫から押収品が消えていたら問題になりそうだが。

「あっちにはボクのレプリカを代わりに置いてきたです。抜かりはないです」

「そ、そんなこともできるのかよ?」

「擬態と共に発見した、新しい能力です」

 ガドッシュは自分という存在のごくわずかな一部を使い、本物と瓜二つの剣を生み出したそうだ。

 最初からそんな能力の存在を知っていれば、こんな状況にはなっていなかったかもしれないのに。……まあ、いまさら悔やんでも遅いが。

「警察署とやらを出てすぐ、勇者様の残り香を感じ、それを辿ってきたらこの部屋を見つけたのです」

 犬みたいなやつだな。

 不幸中の幸いで、ガドッシュはすぐそばの『ムエロ第一警察署』に保管されていたらしい。そうでなければおそらく俺を見つけられず、あてもなくノラ剣としてさまよっていたという。

 部屋は留守ではあったが、ガドは寝ぶくろから俺の匂いを感じ、帰ってくると信じて待っていたのだ。

「で、ついつい眠ってしまった、と」

「はい。この体を維持するのは結構な神力を消費するので」

 ガドッシュが持つエネルギーは、マナなどでなく、神々から与えられた神力の一部なのだとか。消費したとしても、睡眠を取ることで自己回復ができるらしい。

「剣の姿には戻れるのか?」

「はい。ですけど、元の姿に戻り、またこの世界の法に触れたら厄介ではないですか? しばらくはこの姿のままでいた方がいいと思うのです」

「ああ、なるほど。その格好なら、銃剣法には引っかかりそうにないもんな」

 ただこんな美少女とこれから同居するのだと思うと、ドギマギして日常生活に支障をきたすおそれはある。

 まあ、なんとか慣れるしかないだろうが。

「それにしても、まさかお前が女だったなんてな……」

 俺が言うと、ガドッシュは呆れた感じで首を振った。

「何を言うのですか。剣に男も女もないです。強いて言うなら、男であり女でもあるのです」

「・・・・・・そ、そうか」

 まるで悟ったニューハーフのような台詞だな。

「そんなことより、勇者様こそご無事でよかったです。ボクがいない間に何かあったらどうしようかと、心配していたのです……」

 目を潤ませて言うガドッシュに、申し訳ない気持ちになる。

「ごめんな、迎えに行けなくて。あれからいろいろあってさ……」

 俺は自分の身に起きたこれまでのことや、この世界のことなどを伝えた。

「なるほど。そういうことがあったのですか。……ええと、警察官に刑務官、学園理事長、学長、エルフ族にピクシー族ですね」

 ガドッシュはうんうんと頷きつつ、登場人物を指折り数えていたかと思うと、

「では、これからその関わった者を全員────斬りに行くのです」

 いきなりとんでもないことを言い出した。

「は?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます