(13)


「そういえば、きみ以外の奴らは、俺のことを知らないのか?」

 この関係を壊すわけにはいかないのだと自分に言い聞かせ、俺は水掛け論を回避すべく話題をそらした。

「知ってるわ。昼休みのうちに、ピロロがクラスのみんなに言いふらしてたから」

 さすが空飛ぶスピーカーだ。

「でもそのわりには……皆さんの態度がドライだった気がするんだけど……」

 アギーみたいに、気が変わって話しかけてくる奴がいてもいいような。

「それはまあ、仕方がないわね」

「仕方がないって、どういうこと?」

 尋ねると、彼女は言いづらそうに視線をそらした。

「あなたは洗脳されてるとはいえ、私たちからすると妄想に憑りつかれた現役の囚人なのよ? そのうえそんな大事なことをピクシー族に軽々しく話しちゃうような人だから、普通は誰も信用しないし近づきたくないわよ。……それが、ごく一般的な反応だと思うわ」

 どうやら俺もピロロも、全然信用がないらしい。

「でも私は、種族を問わず困っている人には手を差し伸べる主義だから、こうしてあなたの手助けをしているわ。誇り高きレニフィラ家の血筋だから当然ではあるけど」

 アッシュさんをはじめ、レニフィラ家は代々、種族間差別を無くすための活動に尽力してきた一族らしい。元来エルフ族は森で静かに暮らす閉鎖的な種族らしいが、その中で彼ら一族は特異な存在なのだとか。

 アギーは誇らしげに語った。

「……何も知らず困ってる俺を、警察送りにしたのは誰だったかな」

 思わず皮肉が漏れる。聞こえないくらいの声量だったはずなのだが、どうやらそのトンガリ耳には届いてしまったようだ。

 アギーはむっとした。

「その節は、いろいろと悪かったと思ってるわよ。でも逆の立場になってみなさい。あり得ない所からいきなり変な男が現れて、自宅で騒ぎ始めたのよ? 怖いなんてもんじゃなかったわ」

 彼女はあの時、『ビジョン』を使って、自分の故郷である風の国『ドニウ』の雰囲気を優雅に味わっていた。心地よい気分でマギストアにアクセスし、飲み物を買おうと手を伸ばしたら、掴んでいたのはなぜか俺の手だった……というわけだ。

 しかも悪いことに、彼女は過去、ストーカーまがいの男に付きまとわれた経験があるらしく、自宅のセキュリティ対策が万全な状態だった。

「ようやく落ち着いてきたところに、今度はその変な男が転入生として学園に現れたのよ? 悪夢としか思えなかったわ」

「う……俺だって、望んでそうなったわけじゃ……」

「言い訳しないで。私だって、望んで騒ぎを起こしたわけじゃないわ。責めるなら私でなく、あなたを実験台にしたヒト族の誰かを責めなさいよ」

 残念ながら、何も言い返すことはできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます