(11)


 一、二年生の教室をとばし、十階と十一階を見て歩いた。十階にはマギ実験室や技術室、音楽室などの特別教室が並んでおり、十一階には個人病院みたいな規模の保健室もあった。種族の異なる保健医(みんなちゃんとした医者らしい)が常駐していた。

 各部屋では生徒たちが課外活動をしていて、人間が一人もいないことを除けば、現実世界の放課後の雰囲気に近かった。

「……で、さっきの話なんだけど。つまりその……きみは俺のことを許してくれたってことなのか?」

 無機質なスライドドアが並ぶ廊下を歩きながらアギーに尋ねた。

 本当は事故で誤解だから、『許す』というのもおかしいのだが……話がこじれたら嫌なので、とりあえずここは譲歩して、そういうことにする。

「アギーって呼んでいいわ」

 彼女はすれ違う顔見知りらしい生徒たちに「また今度ねー」なんて手を振りつつ、そう言った。

 どうやら彼女は学園の有名人らしい。そりゃあ学長の孫娘だし、改めて見ても飛び抜けて美少女エルフだし、当然といえば当然か。俺がそんな女子と一対一で話をするなんて、現実世界では到底あり得ないな。

「あ、あぎぃ……それで、その、どうなんだよ?」

 名前の呼び方がぎこちなくなるのも仕方があるまい。

 アギーは溜息をついた。

「まあ言っちゃえば……ピロロから話を聞いたのよ」

「えっマジで?」

 驚いた。つまりそれは、ピロロが俺のことをアギーに伝え、うまく説得してくれたということに他ならない。

 なんだ、やることやってくれてんじゃん! ありがとうピロロ。この恩は、いつの日か必ず返すよ!

 心の中で親切な妖精さんに感謝をささげていると、アギーが再び溜息をつき、憐れむような目で俺を見た。

「……一応、教えておくけど、ピクシー族に嘘を見抜く能力はないのよ? わかるのは『相手が本気で話しているかどうか』だけ。ピロロはそれをずっと勘違いしているの。えっと、わかってる?」

 え……?

「いや、よくわかんないんだけど……」

「説明が下手で悪かったわね。学長の孫なのに」

 アギーはわずかに顔を赤らめて言う。気にしているのだろうか。

「いや、そういうことじゃなくて」

「とにかくピロロが話す内容は、額面どおりに受け取っちゃダメなのよ。これ、ピクシー族と会話をする時の常識よ」

「いや、だからちょっと待って。何かいろいろとおかしいって」

 俺は立ち止まる。アギーも立ち止まった。

「『常識よ』って言われても、知らないし。というか、ピクシー族って何だよ? ピロロってフェアリー族じゃないの?」

「あなた、そこからもう勘違いしてるの? ピロロはピクシー族よ。ピクシー族はフェアリー族よりもずっとお喋りだし、自分たちも嘘や隠しごとをしないし、それでいて間違った情報でも、話し手が事実だと思い込んじゃうし……。だからピロロとの付き合い方には、きちんと注意を払わなきゃだめなのよ」

「え、ええ?」

 アギーの話によると、ピクシー族とフェアリー族を見分けるのは簡単らしい。羽根がトンボみたいなのがピクシー族で、チョウみたいな形ならフェアリー族。

 だがそんな知識も今さらだ。

 要するに、例えば『自分は神だ』と本気で思っているアホがピロロにそれを話せば、彼女もそれを事実だと信じ、『あいつは神だ!』と吹聴して回るということだ。

 で、本人はそれで嘘を見抜けているつもりになっているんだと。

 『本当の言葉を見極める能力』とは、そういうことだったらしい。

 アギーは長々と説明した後で、最後に「まあ、でも良い子なのよ?」と付け足し、ピロロのフォローをした……つもりらしいが。それって良い子なのか? 『迷惑な空飛ぶスピーカー』って言ってるようにしか聞こえないんだが。 

 というか今思い出したけど、アッシュさんも『ピクシー族には気をつけろ』って注意してたじゃん。どうせなら見分け方も一緒に教えてほしかったよ。 

 ん? だとすれば結局、俺ってどういう扱いになるんだろう? なんでアギーは許してくれたんだ? よくわかんないぞ。

「あなた、本当に何も知らないのね。ピクシー族のことも知らないだなんて……きっと、狭い世界で情報を遮断されて生きてきたからなのよね……」

「?」

 俺があれこれ考えている最中、アギーが唐突にそう言った。

「狭い世界っていうか──」

「聞いて」

 アギーは俺の言葉をさえぎった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます