(5)


 用件は、要約すると二つだった。


 一つ、困ったことがあれば、アギーという生徒を頼るといい。

 二つ、ピクシー族には気をつけた方がいい。


 ……アギーだとかピクシーだとか言われても、どうしたものやら。

 首を傾げていると、先生はさらに続けた。

「あと加えて、シャルロッテ理事長からも伝言がありましゅ」

「え、理事長?」


 一つ、特定種族に偏見を持たせるような大人の発言は無視しろ。

 

 俺はアッシュさんに少し同情しながら、その伝言を聞いていた。

 つまり、『ピクシー族に気をつけろ』というその発言を無視しろ、という意味だろうか?

 いったいどっちの言うことを聞けばいいのやら……。

「あら、もう時間でしゅね」

 助言を求めたかったが、先生はくねくねと早足で歩いていく。俺は急いで追いかけた。

「教室に入ったら、みんなに自己紹介をしてくだしゃい。今日は一限目から選択科目で教室移動になりましゅが、まあ、なんとか馴染んでくだしゃい。わからないことは、それこそアギーさんあたりに訊くのがいいでしゅ。先生はすぐに、別の教室の授業に向かいましゅので」

 教室が近づいてくるにつれ、転校生的なドキドキで胸がはちきれそうになる。

「そ、そのアギーって? どんな奴っすか?」

「とても責任感のある素晴らしい生徒でしゅよ」

 先生は『1U』と記載された白いスライドドアの前で立ち止まった。五階の右側、手前から三番目にある教室だ。

 その『1U』が、俺が所属することになるクラスらしい。

「あと、アギーはアッシュ学長のお孫さんでしゅ」

「えっ? マジですか?」

「マジでしゅ」

「そうっすか。そりゃちょっと安心っすね」

 アッシュさんの孫、か。きっと良い奴に違いないな。

「さあ入りましゅよ」

 先生は吸盤だらけの手でドアのセンサーに触れた。

 俺はごくりと唾をのんだ。

 ドアがすっとスライドし、室内のざわめきが聞こえる。

 チョー逃げ出したい……。

 先に先生が中へ入り、

「みなさん、おはようございましゅ。HRの前に、転入生の紹介をしましゅ。ツヨシ君、入っていいでしゅよ」

 教壇から呼ぶ。

 途端に足が震え、鼓動がうるさくなった。なんか吐きそうだ。

 くそ、俺は勇者なんだ。こんなことで尻込みしてどうする!

 俺はなんとか前へと踏み出した。一歩出たら二歩、三歩と歩かざるを得ない。結果的に、先生の横に立つことができた。そして、これからクラスメイトとなるメンツに顔を向けた。

 みんなが俺を見ている。

 机の配置は教壇を囲むように『Π』の字。様々な種族の顔が、前方と左右から俺に向けられている。

「は、はじめまして──」

 と、ガチガチに震えながら自己紹介しようとした、その時だった。

「うそでしょ!?」

 突然、悲鳴にも似た声を発して椅子から立ち上がる生徒がいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます