(3)


「相変わらず、すごい校舎だよなあ……」

 校門の前に立ち、俺は呟いた。

 真っ白な高い塀に囲まれた、だだっ広く奥行きのある敷地。そのほぼ全面を、青々とした芝生が埋め尽くしている。それが前庭だ。

 そして奥にそびえ立つ背の高い校舎。

 外から見ただけでは何階建てかもわからない、カクカクした奇怪な造形。壁は特殊なクリスタルを使用しているらしく、陽光を反射してオレンジ色にきらきらと光り、建物そのものが巨大な宝石のようだ。ところどころ、外向きのバルコニーが木の枝のように左右から突き出ている。

 どこかの専門学校が進化したら、こんな感じの外観になるだろうか。

 さて、と敷地に足を踏み入れる寸前、門の手前に立っていた人物に声をかけられた。

「あなたがツヨシ君?」

 もしかしてと思いつつ、わざと目を合わせなかったのだが……嫌な予感は的中した。

「わたくしが担任になるトパ・オクでしゅ。約束の時間、十分過ぎてましゅよ」

「す、すみません」

 できれば人違いであってほしかった。

 どんな先生だろうかと期待していた分、ギャップに面食らった。

 トパ・オク先生は、ショッキングピンクのボディスーツに包まれた『これぞ黄金比』というような抜群のスタイルで、目はくりくりと丸く、おちょぼ口がキュートで、頭の色は赤褐色。片手でばららっとかき上げた長い髪──というか触手には、それぞれに無数の吸盤が連なっている。

 一言で表すと、俺の担任の先生は『体は人で頭はタコ』というタコ人間だった。

「ど、どうも、ワダツヨシデス……」

 おずおずとあいさつすると、

「危険でしゅ」

 先生は唐突に言った。口の構造のせいで赤ちゃん言葉のような発音になっている。声がすごく色っぽくて女性的なだけに、いろいろと残念だ。

「犯罪者が生徒だなんて、やっぱり危険でしゅ。若い性衝動に任せて、今にもこの肉体を貪ろうと企んでいる、そんな顔に見えましゅ」

「それは違います」

 即座に否定した。仮にも相手は生徒だというのに何を言ってるんだ、このタコは。

「本当に違いましゅか?」

 先生は無駄にセクシーなその体を、自分の腕と触手でぎゅっと抱く。

 何度でも答えよう。

「はい、断じて」

 刺身や唐揚げであっても、貪るのは遠慮したいです。


 魚人族ばかりの地元ではモテすぎて困っていたというトパ・オク先生の自慢話を聞きながら、校舎に入った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます