(7)


「な、なぁガドッシュ、マギストアって何?」

『マギストア……聞いたことがないです』

「マジか。ストアって言うくらいだから何かの店なのかな? でも、だとしたら何で俺がそんなところから……」

 てっきり冒険者の駆け出しが集まる町とか、そういう場所に降り立つと思ったんだが。

「とぼけてるの? どうやったか知らないけど、不法侵入よ。通報するわ」

 美少女が言った。

「ち、違う、不法侵入だなんて、誤解だ!」

 俺は慌てて弁解しつつ、ガドッシュに助けを求める。

 通報って誰にだろう。森の自警団とか?

「ガドッシュ、どうしたらいいんだよ?」

『すみません、ボクにもどうしたらいいか……』

 相棒も困惑しているようだ。

 美少女が警戒心をあらわにする。

「ごちゃごちゃと何を一人でしゃべってるの? ますます危ないわね」

「あ、いや、その……」

 そうか。ガドッシュの念話は、この子には聞こえないんだ。

『勇者様、とにかく早く誤解を解くべきです』

「わ、わかってるよ」

 そう言われてもなぁ。ハードルが高い。

「あの、俺は別の世界から来た勇者で、今はガドッシュっていうこの背中の剣と話してて──」

 しどろもどろになりつつ、なんとか説明を試みるが、何をどこから説明すればいいのかわからない。小説ではこういう時、主人公が口八丁で切り抜けることが多いけど、そんなのは俺には無理だった。

「ふざけないで」

 そう言われてもしょうがなかった。

『通報ヲ感知シマシタ。タダ今カラ自宅警備魔法作動シマス』

 突然、警報のようなブザーとアナウンスが鳴り響いた。

「え、え、ええっ!?」

 うろたえていると、

「通報したわ」

 彼女は手首に着けている銀色の腕輪に触れながら冷たく告げた。


 その瞬間、世界が一変した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます