えへへ――チョコだけだと思ってたでしょ?

「ただいまー」

「おかえり!」


 編者者との打ち合わせを終え、家に帰ると弥生が上機嫌で出迎えてくれた。

 普段は我が儘猫だけど、今日はまるで犬みたいだ。思わず、頭を撫でる。

 きょとん、とした後すぐに満面の笑み。自分から頭をこすりつけてきた。


「えへへ♪ くすぐったいよぉ。もっと撫でて?」

「んー」

「~♪」


 鼻歌まで……いや、まぁ楽しみにしてるのは分かるけどさ。

 頭を撫でつつ(弥生はこちらに当然の如く引っ付いている)リビングへ。

 花瓶には昨日渡した花束が活けてあった。うん、元気だ。

 鞄を置き、さてコートを――


「なぁ」

「なーに?」

「ちょっと、離れてくれ。脱げん」

「やだっ」

「何でだよ?」

「今日は何の日だと思ってるの?」

「そりゃお前……ヴァレンタインデーだけど」


 昨日、あれだけ連れ回しておいて何を言っているんだか……。

 しかも、こちらにくれるチョコを、何故か自分で選ばず、選ばせる、という謎ルールまで適応したのは、お前だろうに。

 まぁ、美味しそうなのを奮発(財布もこっちもちだった。……これどう考えてもおかしいな。理不尽っ)したからなぁ。


「そうですっ! なのに、誰かさんは、可愛い可愛い妹を置いてきぼりにしていきました。これは大罪! 許し難い罪っ!」

「はいはい。後で聞くからなー。これで遊んで――ちっ、骨がないな」

「骨?」

「こっちの話だ、気にするな駄……こほん。愚妹」

「ねぇ……今、変な言葉が聞こえたんだけど?」

「気のせいだ。ああ、あと、これな」

「…………愚兄」

「ん?」

「正座」

「はぁ?」

「せ・い・ざっ!」


 鞄から小箱を取り出すと、さっきまでの上機嫌は何処へやら。一瞬の内に、憤怒の表情。

 ……いや、何でだよ? 仕方ないから、正座はするけれども


「今から、裁判を始めます。被告に弁護権はありません。全てを包み隠さず、ありのままに語ることっ! いいわね?」

「ど、何処の独裁国家なんだ、いったい……」

「被告、西木司は今日、誰と会っていましたかっ?」

「……編集の人だけど? 前から伝えておいたろうが?」

「ふ~ん。それじゃ聞くけど――それは?」

「それって? 見ての通りチョコだろ? 中々、気合が入ってるよな。これ、有名店の限定品」

「はい、死刑」

「……おい、幾ら何でも」

「し・け・いっ! なのっ!」


 そう言い、ぎゅーっ、とこっちを抱きしめてきた。

 はぁ……誰に嫉妬してるんだか……。

 背中をぽんぽんしつつ、問いかける。


「なぁ弥生さんや」

「んー」

わたくしの編集さんは……お前も知っての通り、男性なんだが……?」

「んーんーっ!」

「いや、お前……ちょっと、俺の事、その、好き過ぎやしないか?」

「…………そんなことないもん。普通。そう、普通よっ。と言うか、何で男の人が、わざわざここまで気合の入ったチョコを選んでくるのっ!?」

「渡して来る時、それはそれは嬉しそうだったな……〆切りより随分早く小説が完成した時でもあんな表情は……」

「!? ま、まさか……」

「ああ、新婚さんだってのも話したよな? 写真も見せてもらった」

「世の中は不思議な事だらけね……」

「ああ……」


 ようやく、解放してくれたのでコート脱ぐ。

 ジト目でこちらを見るなよ。

 ……この分だと、編集部に届いてるらしいチョコの事は話さない方が良さそうだ。藪をわざわざ自分から突くのはよそう、うん。

 洗面所で手を洗い戻ってくると、弥生の姿はなかった。おや?


「弥生ー?」


 返事はなし。はて? 隣の部屋かな?

 まぁ、いいか。取りあえず、濃い珈琲を入れて、っと。

 時間は丁度、おやつ時。昨日、買ってきたのを折角だから食べてみようか。

 実は結構楽しみなのだ。お洒落な包み紙を丁寧に取る。

 おお、見るからに美味しそう――と思った横から手が伸び奪われた。


「……おい」

「私も珈琲」

「ったく。ほら」

「ありがと。お礼がほしい?」

「いや別」

「欲しいわよね? 欲しいって言いなさいっ!」

「……欲しいです。ハイ」

「仕方ない愚兄ねぇ。はい」

「あえて聞こう――それは?」

「食べさせてあげるわよ。嬉しいでしょ?」

「ふむ、そうか。なら、俺も」

「へっ? ひぅ」


 弥生のを口でぱくり。おお、美味い。

 拍子で指を舐めたような……気にすまい。うん。

 お返しにチョコを一つ摘み、弥生の口へ近付ける。

 頬がみるみる内に赤くなっていく。

 目をじっと見ると、狼狽の色。

 意を決したのか、目を閉じ、口を開く。

 そのまま――


「ああ、やっぱり、これ当たりだな。ん? どうした? ああ、もしかして……何処かの愚妹さんは自分も食べさせてもらえると思ったのかなぁ?」

「死ねばいいのにっ! もうっ!! どうして、こういう時も意地悪――」


 叫んでいる弥生の口へチョコを放り込む。

 ふふふ、その美味しさの前では怒りを維持出来まいて。

 机の下から蹴るなっ。


「……司の馬鹿。馬鹿。大馬鹿っ。もう一個!」

「はいはい」

「私も食べさせたいっ!」

「はいはい」


 そう言い合いながら、食べさせあっているとすぐなくなった。

 高いチョコって数が少ないからなぁ。適量なんだろうけど……もう少し欲しい気もする。

 ……ん?


「なぁ弥生」

「なーに?」

「あーその、だな……」

「あれぇ? どうしたのぉ? 顔が赤いわよ? 私はまだ何も言ってないけどぉ? ほら、ちゃんと私の目を見て言ってっ!」


 ぐっ……こ、こいつ、分かってるくせに……。

 いや、机の上に置かれたそれを見た瞬間、これから起きる事を連想してる俺もどうかと思うけど……・


「その赤いリボンは?」

「ああ、これ? 可愛いでしょ? はい、ヴァレンタインデーだから、ね? それと――」


 弥生が笑いながらこちらを見て椅子から立ち上がり、歩いてきて、こちらの膝上にちょこんと座った。

 上目遣い。頬が染まっていて破壊力が増大。

 不覚にも――可愛い、という単語以外が消失する。



「えへへ――チョコだけだと思ってたでしょ? ほーら、早く髪を結んでよ。何しろ、今年のヴァレンタインデーのプレゼントは『私』だから、ね?」



 ――流石にこういうのは反則だろっ!?

 それにしても、これの三倍返、か……えっと、重たい紙、かな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます