職人たちのエピソード

肥前文俊

第1話 遍歴の大工職人

 昭和初期のことだった。

 日本の津々浦々を遍歴職人として歩き回る男がいた。

 大工の竹蔵は、いつか己が日本一の名大工になってみせると熱い志に燃えていた。

 各地の名工のもとに赴いては、その下でしばらく席をおいて腕を磨いた。


 一日の日当が二円。

 大工の日当は、他の職人よりもやや高級取りだが、腕の良い遍歴職人は親方としてもいてもらいたい。

 なにせ雇うときからある程度腕があるから、宿と飯を用意してやれば、弟子たちに比べても長い目で見れば安くつく。

 繁忙期であれば雇い、仕事がなくなれば解雇して良いという契約だから、竹蔵ほどの腕であれば、どこに行っても快く迎えてもらうことが出来た。


 鋸の挽き方、鉋かんなのかき方など、ちょっとしたことに職人の工夫は光るものだ。

 永久就職するわけでもない遍歴職人に、丁寧に技術を教えてくれるわけもなし。

 竹蔵はよく働きながらも、一つ一つの腕を盗み、我が身にしていく。

 自分の実力が少しずつ高まるのを感じるのは、無上の喜びがあった。


 竹蔵はある時、大阪に日本でいま最も優れた大工と名高い男、熊吉くまきちの元に身を寄せることになった。

 熊吉は身の丈五尺(一五〇センチ)のガタイのごつい男だった。

 熊という名に恥じない筋肉質だが、神経は細やかで、人情を大切にする男だ。

 熊吉のもとには大勢の職人がいたが、誰も彼もそれなりに秀でた腕を持っている。

 やはり腕の良い親方のもとで働けば、その下の職人たちも自然と腕が磨かれるのだろう。

 他の親方の下では一つ頭抜けた技術の竹蔵も、熊吉の下では頭半分といったところでしかなった。


 これは俺も負けてられねえ、と竹蔵は額に汗をかいて仕事に励んだ。

 そのかいがあったのだろうか。

 ある日、竹蔵は熊吉に食事に誘われた。


 工事現場のすぐ近くの一膳飯屋で、麦飯に味噌汁、たくあんの漬物を奢ってもらった。


「お前めえさん、なかなか良く働くなあ」

「ありがとうございます」

「なんでも腕のいい職人から技術を盗みたくて、日本全国廻ってるそうじゃねえか。どうだウチに来て」

「これまで色々な所に入り込んで盗んできましたが、今が一番勉強になってますね」

「そうかそうか!」


 竹蔵の言葉に嘘偽りはない。

 熊吉の腕は本当に優れているのだ。

 まず驚くべきはその速度だ。

 職人はその技量や立場によって、扱う道具が変わってくる。

 下っ端は掃除ばかりさせられて、親方はノミを使う。


 熊吉のノミは恐ろしく早い。

 カカカカカ、とノミ頭を叩く音が連なって聞こえるほどで、木槌を振り下ろし間違えれば、間違いなく指が潰れるだろう。

 それでいて彫り間違いがないというのだから恐ろしい。

 木材を継ぎ合せる時にはカミソリ一枚挟む隙間すらできない。


 だから、おべっかを言う必要もなかった。

 熊吉は間違いなく、日本一の大工なのだ。

 そして、できれば数年のうちには、この熊吉の実力を超えたい、と竹蔵は思っていた。


 だが、その熊吉が思っても見ないことを言いだした。


「よし竹蔵、いっちょ勝負するか。お前めぇさんが勝てば、いくつか技を教える。負けたら酒をいっぱい奢れ」

「しょ、勝負ですか!?」

「おう。腕に自信あるんだろう?」

「……分かりました。俺も男です、やりましょう」


 そうだ、自分だって修行して腕を磨いてきた。

 熊吉が上手なのは分かるが、扱う道具によっては十分勝算はある。


「じゃあ釘打ちでどうだ。これなら経験の差もないだろ」

「望むところです」


 にやりと笑う熊吉に、竹蔵も自信アリげに笑い返す。

 そういうことになった。




 勝負のやり方は非常にかんたんである。

 柱に使うような木材に、同じ長さの釘を二本ずつ刺す。

 釘抜きを用いて、自分のものと相手のものとを一本ずつ抜き、どちらがしっかりと刺さっているかを調べるという方法だ。


 主観的なものにはなるが、竹蔵にしても熊吉にしても、己が負けているにも関わらず、非を認めないような性格ではなかったから、この勝負は自然と成り立つことになった。


 どれだけ釘が抜けづらくする勝負である。

 抜けづらい釘というのは、家屋を建てた際に倒壊を防ぐ重要な役割を果たす。

 一見かんたんそうな作業ではあるのだが、それだけに軽々しくは考えられない技量だ。

 竹蔵は力強く、釘頭がめり込みそうになるほど釘を打ち付けた。


「ほほう。これは力強いな」

「ええ。次は熊吉親方の番ですよ」

「ああ、ええよ。まあ見ておきなさい」


 そう言うと、熊吉は柱に釘を構えると、コンコン、と軽い音がするほどの優しい力で釘を打ち付けていく。

 拍子抜けするほどに優しい力加減だが、釘は糠に打ち付けるように、軽く突き刺さっていく。

 これは手抜きをしているのだろうか……?

 いや、まさか。熊吉ほどの名大工が、手を抜くなどありえない。


「ふはは、不思議か竹蔵よ」

「ええ。正直にいえば、拍子抜けです」

「そうかそうか。じゃあ、釘抜きを使って抜いてみようや。そしたら分かるから」


 熊吉のいうことは正しい。

 抜けばすべてが分かるのだ。

 竹蔵は釘抜きを使うと、柱に刺さった釘を抜きはじめた。

 まずは己の。

 釘抜きを扱う技量も確かなものだからか、あれだけ強く打ちつけたにも関わらず、釘はずいぶんとするり・・・と抜けてしまった。


「今度は俺のをやろうや」

「分かりました」


 竹蔵は熊吉の打ちつけた釘を抜きにかかる。

 あれだけ軽い打ち方だったのだ。

 この釘もすぐに……そう思ったというのに、釘は柱の繊維に絡まったかのように固い。

 いや、あるいは万力で左右から締められたような固さであった。


「これはいったい!?」

「分かったか」

「分かりません。なぜこんなにも親方の釘は固いんですか」

「お前さんは力強く打ちすぎて、柱の木材に穴を開けちまってるんだ。だから穴の周りの木材はぎゅっと押さえつけられて、穴自体が拓いてしまってる。俺は釘を滑り込ませた。だから木が戻ろうとして、釘を挟んでくれるって寸法よ」


 力だけではなかったのだ。

 これが技量か、と思った。


「おっと、負けたら技を教えてやる約束が、つい教えちまった」

「親方…………」


 しまったわい、と笑う熊吉は、とても優しそうな目をしていた。

 きっと、これを教えるために勝負などとわざわざ場を誂えてくれたのだ。


 竹蔵は熊吉の人情が深く染みた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る