3-9 いけにえ

 馬車を降りる。とりあえず往路分の運賃を御者に渡し、すぐに戻ると言い含めて歩き出した。

 一瞬、人気のない場所に、御者とはいえ誰とも判らない男とリーフィを二人きりで残すのは……と考えたが、すぐに打ち消した。実に無駄な気遣いだ。


 さて、団長はどこだろう。

 ここが町として機能していたころは、おそらく中央通りとして使われていた広い道。電報の内容が確かなら、この先に――あった。国立図書館の跡地。ここを右へと曲がった所にある、スニューウ朝建築のビルが待ち合わせ場所だ。建設途中で放置された物件だから一目で判る筈。

 身知らぬ土地の、しかも廃墟で、更には夜。気を抜けばすぐに迷ってしまうだろう。とはいえ方向感覚には自信がある。ちゃんと戻って来られるよう周囲を見回し、月と星に照らし出された光景を頭に叩き込む。


 そうして角を曲がり、歩き出す。

 目的の場所はすぐに見つかった。進行方向の奥にランプの光が浮かび上がっている。近づいてみれば、そこには人影。時間にはかなりの余裕を持って出てきた筈なのに、当の団長が既にその建物の前で煙をくゆらせていた。


「お待たせしてしまいましたか?」


 慌てて駆け寄る。


「気にするな」


 団長は眼前の建物を見上げたまま応えた。


「暇があったからな、先に来てここいらを眺めていた。長く放置された家屋は、見ていて面白い」


 その気持ちは少し解る。退廃的な建物は、ぼんやり眺めているだけでも飽きがこない。


「さて」


 団長は懐から携帯用灰皿を出すと、葉巻の火を押し消した。


「では、返事を聞こうか」


 少しだけ血の巡りが早くなる。リーフィには強がってみせたものの、流石にこれだけの話、気楽には断れない。


「コジロウ。直属推薦の話、受けてくれるか?」


 団長の問いに、俺は。


「――すいません!」


 深く深く頭を下げた。


「今回の話、辞退させて頂きます」

「断るか」


 中々勇気ある決断だと、笑い含みの声が降ってきた。


「理由が見当たらないが」

「俺の勝手な気持ちなんです」


 頭を下げたまま言った。


「俺なんかに目を留めてくれて本当に感謝しています。こんな好機、二度とないものだってことも重々承知しています。でも、まだ早いと思ったんです。創作家クリエイターとしての能力はもちろん、人としても。だから」


 顔を上げた。団長は苦笑いを浮かべている。


「もうしばらく、団長の下で――『霧雨の陣』で勉強させて下さい」

「ふむ」


 団長は一度唸ると、俺の目を見た。


「最後にもう一度だけ訊く。今回の直属推薦を断る。その気持ちは変わらないのだな」

「はい」


 ためらうことなく頷いた。


「そうか、残念だ」

「申し訳ありません。折角の好意、」


 俺の眉間を、ぐわん、と圧迫感が襲った。


 慣れた感覚。間違えようも無い。間近で誰かが幻料ファテを練っている。だが違う。段違いだ。このひりつくような強さ、並みの使い手じゃない。

 誰が練っている? ここにいるのは、俺ともう一人。


「だん、ちょう?」

「残念だ。実に残念だ。出来るなら穏便に事を運びたかったが」


 団長の顔には相変わらずの苦笑い。でも、どこか、邪な。


「しかし困るのだ。お前の下した決断は、俺を困らせるのだ」


 団長の背後の空間が歪んだ。いや、生み出された幻料ファテが陽炎のように揺らめいているのだ。

 俺が呆然としている間にも、団長が練り上げた幻料ファテが、集い、形を成していく。


 ――人型だった。

 ただし肌は青く、錚々たる体躯の団長より、一回りも二回りも大きい。ビルの二階に手が届きそうなほどの巨体。

 衣服と思しき形は作られない。筋肉の造形を誇示するような裸体。藁で編んだような蓑が、腰にくっついているだけだ。さらに手には無骨な木造りの槌とくれば――深遠大陸の奥地にいるという現地民を思い出さざるを得ない。

 いや、何よりも特徴的なのは、その顔。

 顔がない。いや頭はある。表情を覆い隠すかのごとく、包帯のようなものでぐるぐる巻きにされているのだ。事故で顔全てを焼いてしまった鍛冶屋の記事の傍らに、こんな挿絵が載っていたのを見たことがある。


 ――見るのは、これが初めて。

 だが、名前だけは知っている。


 元・王家親衛隊。協会が第一等級と評価する創作家クリエイターが一人。

 現・ギルド『霧雨の陣』団長。

 ムーア・バイセンの代名詞たる模型モデル

 【滅私奉姫の番人フェイスレス


「ならば致し方ない。力づくで連れて行こう」


 団長が告げた。


「どう、して」


 聞きたいことは沢山あったが、口に出せたのはそれだけ。しかし十分だろう。

 疑問に対し、背後に青く巨大な番人を控えさせた団長は、今までに見たことのない、顔の肉全てを歪めるほどに大きな笑みを浮かべた。


「すまんなコジロウ。諦めてくれ。俺が護紋の輩へと戻る為、我が姫の元に舞い戻る為に――お前という生贄が、どうしても必要なのだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます