第17話任務失敗

私は仮面をつけている兄、アルブラットを睨みつけた。


「幻術を抜け出すことが出来たか、我が忌々しい妹よ。」


私は、歯ぎしりをしながら上から目線の兄に腹を立てた。私とアルブラットの間には不穏な空気が流れた。

その原因は、私のこの憎悪の感情であろう。


私の兄、アルブラットは自らの幻術の能力を高める為、何人もの国民を自らの実験に使い、精神を崩壊させた。その罪で、帝国アルトからも指名手配されている。

その兄が、なぜここに…。


「まず、このモンスターの罠を作ったのは俺だ。後一つ言うが、この王宮はもうもぬけの殻だ。お前は無駄な努力をした。俺の妹として実に情けない。」


「人道をそれた行いをした、あなたが兄ずらをしないでもらいたい。」


「酷い妹だな〜。じゃあ俺がお前にかけた幻術の意味が分かるか?」


「私を壊す為。」


兄は突然、腹を抱えて笑い始めた。その行為に私は戸惑った。自分が間違ったことを言ったと思わない。


そして、兄は目に浮かぶ涙を拭きながら、言った。


「やっぱ、お前可愛いな。俺はただ、戦いを恐れているお前の恐怖心を取ろうとしただけだ。

ただ、この王宮に来たついでの余興にな。」


「つくづく、嫌味な奴だ。」


私はそう言って、また鋭く兄を睨んだ。しかし、今この兄が自分の敵ではないと言うことにひどく安心していた。勝ち目が無かったからだ。


罪を犯す前の兄は、真面目で優秀で、私を唯一家族として可愛がってくれた。魔法の稽古はもちろんのこと、随分たくさんのことを教わった。


だから、罪を犯した時は何かの手違いであると思っていたが、真実であった。

私は今でも、忘れない。実験で精神崩壊した人物を見る、兄のあの不気味な笑顔を…。そして、私を置いてどこかに消えた。


「まあ、なんだ俺は今裏魔道士ギルドに入っている。

要人の暗殺とか、研究資料を奪うとかな。」


「何が目的なの?」


「今はお前に関係ない。ここに来た目的は、アルテミア帝国の研究資料を集めること、後鍵を調べること。」


「鍵?」


「今、俺の相方の魔道士が調べに行ってるだろう。鍵といってもそれは人間だ。それ以上は教えられない。」


この時私は察した。この国にいる鍵となる存在、それは間違いなく龍真だった。私は悟られる事がないよう、表情を変えずに振る舞った。


「しっかし、あいつ帰ってくるの遅いな…。」


そう文句を言いながら、兄は足を小刻みに上下させていた。相変わらずせっかちと言うことは変わらなかった。


そして、私と兄の間には沈黙が続き、十分経ったであろうか、突然兄のとなりに魔法陣が現れ、そこには人影ができていた。


魔法陣からはレミスが現れた。レミスは先の戦いで傷つき、しっかりと立てていなかった。


「随分とやられたじゃねーか、レミス…。」


「妾の不手際で済まぬ、鍵は連れて来れなかった。前にいるのは誰じゃ?」


「可愛い妹だ。」


「ほうほう、お主に妹がいたとはな。しかし、8罪のメンバーとは…。」


私はこのレミスという一見幼女の魔道士の底知れぬ、強大な力に身震いした。そして、私と同種で、あるということ。


「名はなんと言う?」


「エルゼ。」


「エルゼか…。妾と同種の人間だ。これからもよしなに…。」


「妹よ、一つ忠告する。父親を信用するんじゃないぞ。」


そして、アルブラットとレミスの足元には魔法陣が現れ、瞬く間に私たちの前から消えた。


私を酷い安堵感が遅い、膝から崩れ落ちた。いきなり倒れた私を心配し、ルイは私に駆け寄った。


「大丈夫ですか?」


「ごめんね、ルイ…。心配かけて。」


私は涙目を浮かべながら、ルイを見つめた。そして、言葉を続けた。


「私は戦いを怖がってた。私がルイを守らなきゃいけないのに、私が守られていた。ごめんね、無力な私で…。」


「そんなこと無いですよ。私はエルゼさんといて心強かったです!」


そう言って、ルイは満面の笑みを浮かべた。そして、私はルイに抱きついた。嗚咽を上げながら、私は泣きじゃくった。


ルイはそんな私を嫌がらず、ゆっくりと私の髪を撫でた。もうどっちが年上なのか分からなかった。


私は随分と泣いた後、呼吸を落ち着かせ、ゆっくりと深呼吸をした。


「ルイ、龍真を探そう!」


「はい!」


そう言って、ルイは元気よく頷いた。

今回の任務は、アルテミアの要人に逃げられ、魔龍は復活しなかったものの、その消息は不明になった。


住民の七割は魔獣と化し、この国には残りの三割の住民しかいない。アルテミアの要人はどこに逃げたのか分からないが、この国は、もう独立国として意味を成さないだろう。


今後どうなるのか分からないが、アルテミアの要人が、何かを企んでいるのは明らかだ。兄の属している組織も気になる。


私は、これまでよりも強く心を持ち、空を見上げた。




その頃1人の男は、迷っていた。非常に迷っていた。


「レイズ!」


そう言って、金を積み上げ、机の上にトランプを三枚出し、


「スリーカード!」


そう、自信満々に言ったが、前の大柄の男は不気味な笑みを浮かべ、


「ストレートだ!」


そう言うとその少年は絶望した表情を、浮かべ落胆した。


「おい、龍真これで終わりか?」


「おいやってやろうじゃねーか!」


そして、俺は金を積み上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます