括弧つける男

吟遊蜆

括弧つける男

 ある冬の朝、佐藤(初)が自宅(狭)のキッチン(雑)で朝食のトマト(赤)を切っていると、玄関の外(寒)から唐突に悲鳴(叫)が聞こえてきた(耳)のだった。


 彼の家こそ狭いアパート(泣)ではあるものの、そこは閑静(黙)な住宅街(贅)。普段は二日酔い(揺)の酔っぱらいが通りがかり(歩)に奇声(怪)を発する(狂)こともなく、朝っぱらから悲鳴(叫)とは、なんとも珍しい(妙)一日のはじまり(鬱)であった。


 だが叫び声(高)を聴いたからといって、即座に家(小)を飛び出すほど佐藤(初)も馬鹿(単)ではない。自らのリスク(失)とリターン(得)を計上しないほど、彼もお人好しではないのである(鬼)。悲鳴(叫)はたった一度(限)だけあがり、その後にはいつも通りの静寂(山)が訪れた。


 彼はいったん調理(拙)を中断(諦)し、五分ほど息を潜める(隠)ことにした。誰か近所の人(勇)が助けに入ったタイミング(狡)を見計らって、野次馬(覗)のひとりとしてその場に参戦(眺)しようと考えていた。


 しかしあれだけ高らか(烈)に響き渡った悲鳴(叫)にもかかわらず、五分経っても(長)誰ひとり駆けつける(馬)様子はなかった。佐藤(初)が忍び足(秘)で玄関(冷)へと辿りつき、曇ったドアスコープ(穿)から外を覗いて(盗)みると、道(黒)に誰か人(病)が倒れているわけでもない。


 すでに危機感(薄)を好奇心(濃)が追い越した佐藤(初)は、そっとドア(茶)を開けサンダル履き(安)で外(寒)へ出た。アパートの前の道(黒)にはやはり誰もおらず(空)、彼は道を左に曲がった奥(陰)にあるゴミ捨て場(汚)のほうから歩いてきた近所のマダム(紫)と挨拶(囁)を交わした。


 佐藤(初)は何事もなかった(穏)ことに安堵しつつ自室(狭)へ戻りかけたところで、ふと気になって(浮)振り返って(翻)見ると、遠ざかってゆくマダムの後ろ手(尻)に裸の包丁(閃)が握られているのが見えた。


 彼が聴いた(耳)のは、マダム(紫)の心の中の悲鳴(叫)であったのかもしれないし、彼が切り刻んだトマト(赤)の内なる悲鳴(叫)であったのかもしれない。どちらかは幻(虚)で、どちらかは幻ではない(実)だろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

括弧つける男 吟遊蜆 @tmykinoue

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ