僕のおじさんは異世界英雄!?

作者 澤田慎梧

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!




 亡くなったおじさんの遺品を整理していたら、出て来たおじさんの日記。そこに書かれていたのは、とつぜん異世界に飛ばされて、そこで大冒険を繰り広げるおじさんの自伝。
 いやこれ、日記じゃなくて、恥ずかしい黒歴史的「異世界転生小説」でしょ。おじさん、こんなもん、書いていたのか!

 という、ちょっと他人事とは言えない展開(笑)。

 ちなみに、おじさんの異世界転生日記(もしくは黒歴史小説)の内容は、異世界に飛ばされたおじさんは、生活のためにギルドでクエストを受けるのだが、なにせ何の能力もないおじさん。大したクエストは受けられない。おじさんにあるのは、人生経験だけなのだ。

 が、その人生経験をフルに生かし、細かいクエストをつぎつぎとこなして行くおじさん。しかし、やがておじさんは異世界で大きな陰謀に巻き込まれ……。

 一方、おじさんの黒歴史小説を読んだ「ぼく」は、おじさんの過去を探ることに。するとそこには、一人の人間が悩み、苦しみ、あがいた過去が浮き上がってくる。
 だが、なんだろう? おじさんの記憶と過去に齟齬があり……、これはもしかしたら、おじさんは……。

 本作は、すでに亡くなったおじさんの残した異世界冒険譚と、その遺品から「おじさん」という男の人生を垣間見る「ぼく」のふたつの視点で語られる物語です。

 『果たして、おじさんは、本当に異世界に行ったのか?』
 場面場面、そしてパートごとに雰囲気の変わる物語なのですが、一貫してこのテーマが貫かれている。
 あなたなら、行きますか? 異世界がそこに、本当にあったしとして?