No. 006 / Negative 02 「自己否定に偏る」

結局のところ、生きる意味を奪い取ったのは他ならぬ自分自身だ



相手の幸せを願い、相手の笑顔を望む

その近くに、自分の姿が見当たらなくとも

描く未来に、自分が報われる可能性が見られないとしても


見返りを求めない

労働に関して言えば、これほど馬鹿馬鹿しい考え方はないはずだった


真に誰かのためを願う行為は、自分自身に関する考慮を含まない

ゆえに自己を犠牲にすることさえも正義だと信じたがる


他人を気遣う優しさが、時に自身を蝕む毒となる



好かれることに怯える自分がいる

悪意のほうがまだ慣れている


嫌いな相手がどのような人生を歩もうと関心がないように

気づけば、自分の現状を他人事のように静観している


消えてしまいたい

実行する勇気もないくせに

虚無感から脱するためだけに喪失を望むことを正当化した



人生という名のバッターボックスに立たされる

三振とコールされて初めて、私はバットすら握っていなかったことを悟った


人生に意味が無いのではなく、自分が意味を見出せていないだけなのだろう

だから無意味な状態は続いている

他ならぬ自分自身が、人生は無意味と定めたのだから


理由がないと生きていけない

だから、生きれなくていいのかもしれない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます