第22話 シュバルツブロッサム


 ――七末那雪の手帳の後半辺りに、『構想段階』というお題目で、多種多様に書かれている設定が数ページほどある。

 思いついたであろう単語をひたすら箇条書きにした内容であり、没案となったものは横線が引かれたり、本設定に採用されたものは丸が付いたりしていた内容だ。

 内訳で言えば、没案が七割、採用案が二割、そして残りの一割が――手帳が封印となったために、没にも採用にもならなかった設定だった。

 その、残りの一割の中で、桜花が目を付けた単語がある。

 助っ人キャラ。

 単体物で言えば二号ヒーロー。戦隊物で言えば六人目の戦士。

 ……この設定を活かすことが出来れば、わたしはゆっきーのことを守ることが出来るのかな。 

 初めは、ふとした思考から。

 そして、特撮に興味を持ち出した菜奈姫にせがまれての、動画の鑑賞中。

 二号ヒーローの活躍の場面で、思考は加速していき、やがて発想に至る。

 手帳の空白ページを使って、自分でその助っ人キャラの設定に肉付けをしてみればどうか、と。


『この手帳に記されている事柄の大元は、チンクシャの欲望の産物じゃ。お主が望みを以て加筆をすれば、再現は可能じゃろう』


 相談してみたところ、菜奈姫の太鼓判も出た。

 設定の肉付けを始めたのは、綾水ぬりかべとの戦いの後からだ。

 ただ、普段から小説を書いている者としての性なのか、書いているうちに所々でこだわりが出てしまったり、作ったものを改めて見返してみると結構恥ずかしかったり、菜奈姫に見せて爆笑されてしまったりと、設定を完成させるのには時間がかかった。

 当時の那雪のノリの良さと、今の那雪の羞恥心がよくわかったと共に、こうすることで彼女にちょっと近付けた気がしたのが、少し嬉しかったりもした。……当時、散々笑ってしまったためか、結局、那雪に見せることができなかったのだが、それはともかく。

 設定が完成したのは、昨夜遅くのことだ。

 だから、この変身は言わば、ぶっつけ本番の練習なし。

 果たして、上手く行くものかと思ったものだが。



「――成功」



 上手く行ったと、確信できた。

 色のないモノクロの視界は、結構と言わずかなり薄気味悪く、しかし胸の中で溢れ出す高揚感が、不安も、十年以上ずっと抱いてきた疼きをも塗りつぶす。

 変身の度に我が想い人が有していた感覚を、自分でも抱くことが出来たこともテンションのプラスとして、桜花はモノクロの世界の殻を破る。


「よし……!」


 身にまとうのは、ダークグレーのボディスーツ。鎧とも表せる外見に、ヘルメットのようなバイザーに覆われた素顔の見えない仕様は、那雪の変身するシュバルツスノウと何ら変わりはない。

 ただ一つ違う点を言えば、スーツを彩っている微細な装甲線の色が、白色ではなく桜色になっていることか。

 何となく、自分に合っている色だなと感じつつ、



「シュバルツブロッサム、推参っ!」



 無意識に思いついた名前で、名乗りまで上げてしまった。これはもはや、初変身のテンションからくる勢いによるものだ。


『……オーカよ。ブロッサムって、ヒーローよりも魔法少女のノリじゃぞ』


 ただ、菜奈姫には不評だった。

 二番煎じだから仕方がないが、後悔はしていない。


「な……す、鈴木さンが、変身? しかも、その姿は、先日の……!」

「ちょっとタイプが違うけど、だいたいあってる」


 一方で、またもや驚愕する草壁マタンゴには軽快に返し、シュバルツブロッサムとなった桜花は、迫ってくる人々に相対する。


『オーカ。チンクシャにも警告したが、変身の状態で人の子達を手にかけるのは――』

「わかってるよナナちゃん。最初っから、狙いは草壁先輩だけだし」


 両手を前に出して、強くイメージ。

 すると、シュバルツスノウのものと同じ陽炎が両手に集まっていき、透明だった陽炎がダークグレーの色を持ち――戦国時代の火縄銃に似た外見の、鉄砲の形を取った。


「――念動砲火という名のハイブリッドシューターワークス。わたしはゆっきーと違ってケンカには向いてないからね。遠距離からバシバシ行くよっ!」


 戦国ドラマでよく見た鉄砲兵の射撃と、特撮のヒーローがやっていたカッコいい射撃と、祖父が趣味でやっていたライフル射撃とを一斉に思い出しつつ、桜花は鉄砲を両手で構える。


「んっ」


 発砲。

 射出された琥珀の弾丸は、こちらに向かってくる人々の隙間をくぐり抜け、草壁マタンゴの側頭部に掠めるように当たった。


「ッ……」


 着弾箇所から火花が散り、グラリとよろめく草壁マタンゴ。

 素人の見様見真似でこんなに当たるものかと思ったのだが、ガンナーヒーローとは得てしてそういうものだ。照準補正、反動軽減は菜奈姫の加護付きで、何より――不思議と、桜花の頭の中で、標的に弾丸が当たるイメージが出来る。

 学校の体育の授業でやっているバスケットボールやバレーボールみたいに、どのように狙えば点が入るかとか、そういう感覚に近い。


『オーカ、人の子が来るぞ』

「わかってる」


 四方八方から近寄ってくる町の人々の位置を見定め、人と人の隙間に向かって、桜花は鉄砲を片手に地を蹴る。


「ぅわっ……!」


 地を蹴ってからの一瞬で目的のポイントに到達したのに、桜花はバイザーの奥で目を剥いた。

 遠距離からの射撃と、自分の足の速さを活かした身体のスピードに設定の重きを置いたのはいいが。上手く速度を制御しないと、人とぶつかってどちらもタダでは済まなさそうだ。

 暴発しそうな五体のスピードを押し殺しつつ、桜花はなんとか草壁マタンゴに照準を定めて、


「ん……っ!」


 もう一度発砲。

 射出された琥珀の弾丸が、さらに草壁マタンゴの胴体を――


「……ハァッ!」


 穿たない。

 異形の口から漏れた紫の吐息が空間一点に収束し、琥珀の弾丸を宙空でストップさせた。


「なっ……!?」

「ふ、フフフ、最初こそは驚いたけど、もうそれは喰わないヨ」


 不敵に笑う草壁マタンゴ。

 桜花は胸の中に生まれた動揺を抑えつつ、遅い来る人達の手を掻いくぐり、再びハイスピードで空いたスペースに移動してから――さらに発砲。

 しかし、吐き出された紫の息はピンポイントで弾丸の進行を潰す。


『どうやら、先日のチンクシャの強襲剛射の攻撃も、これで防いだようじゃな』

「……じゃあ」


 菜奈姫の能力補正で知覚を促進、人混みの中の空いたスペースを一気に把握。

 射撃できそうなスペースは、全部で四つ。


「ナナちゃん、足に加護をお願い。スピードアップと疲労回復」

『承知。あまり無茶をするなよ』


 両足に、もう一度『↑』のアイコンと、十字印の医療マークのアイコンが浮かぶのを確認してから、桜花は駆ける。

 繰り出されるスピードは、先よりもさらに速い。

 一瞬で、把握した一つ目のスペースに到達し、発砲。


「ぬゥ……!」

「――――っ!」


 草壁マタンゴが弾丸を防ぎにかかろうとする頃には、すでに桜花はその場から移動を始めている。

 二つ目、三つ目と速やかにスペースへと己が身を移し、多角からの射撃を加える。


「速イッ! が、しかし……!」


 対して、草壁マタンゴも劇的に反応し、三方向からの射撃に対応するが、


 ――これが、本命!


 最後に移動した四つ目。今までの三射とは、まったくの逆側。

 草壁マタンゴの背中が見える、死角ともいえるスペース。

 瞬間的な高速移動で、桜花の足に電気が走ったかのような痛みと痺れが発せられるが、菜奈姫の癒しの加護と己の集中力で抑え込み、


「行けっ!」


 念じるかのように発砲、する寸前、


「――返すヨ」


 草壁マタンゴが吐息を操作して、桜花が放った三発の弾丸を――こちらに向かって『逸らし』て見せた。


「っ!?」


 三つの弾丸は真っ直ぐにこちらに向かって飛翔し、素顔を隠しているヘルメットバイザーに立て続けに直撃する。


「きゃっ……!?」


 弾丸はバイザーの厚さで何とか防げたものの、脳が揺さぶられる三連続の衝撃は強く、桜花の身は大きく吹っ飛ぶ。

 一瞬、意識が飛んだがために姿勢制御が叶わず、背中から倒れ落ちた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます