第十八章 <Ⅰ-2>

「なんで海なんだろう?」


 沙羅さらも首をかしげる。


「――ここも夢なのかな?」


「そりゃ夢だよ!――これが現実なら溺れてるよ!」


「あ、そうか!」 また母が笑う。


 つられてりんも吹き出す。もう、どうでもいいような気がしてきた。


「――ママってさ、天然だったんだね」 林が苦笑する。


「え?」 沙羅が目をみはる。


「自覚してないの?」


「……」




 二人の沈んでゆくさきに、絵の具箱からこぼれでたような、赤や青や白や黄色や緑色のタツノオトシゴが、にぎやかに群れていた。

 脳のなかの海馬かいばに似たタツノオトシゴたちは、いっこうに逃げようとしない。歓迎するように次々に寄ってきて、林と沙羅の指先にシッポを絡めてクルクル回った。


「くすぐったい」 頬にキスされた沙羅が笑っている。


「変な夢」 林がつぶやく。


「ごめん。私の夢かなあ――」 沙羅が首をすくめた。


「わたしの夢かも」 林はくすくす笑った。


 隣で笑っているのは、わたしのママなんだけど。

 はじめて沙羅という女の子に出会った気がした。

 夢見がちで純粋で、つらいことがあっても一人で胸にため込んで、ひとに涙を見せられない優しい女の子に。



「林がいなかったら、勝てなかったね!」


 ふいに沙羅が娘の手をぎゅっと握りしめる。

 焼けただれた噴火口のイメージがよみがえった。


「これって、勝ったの?」


「勝ったよ!――だって、なんともないもの!」


 母が機嫌の良い猫のように目を細める。

 無計画に突っ込もうとしたくせに、この人は。


「――そうかな?」


 たしかにどこも痛くないし、母の笑顔はまぶしいほどだけど。

 林には、なにがどう勝ったのか、よくわからない。


「勝ったのよ。ポンヌフが守ってくれたから――」


 沙羅がほろほろと涙ぐむ。


「ちがうよ? 絶対、ママのせいじゃないからね!」


 泣かないでよ、と言いながら、林も涙があふれてきて止まらない。


「ごめんね。林。ごめんね」


「ちがうってば!」


 ゆるやかな波が、いだきあう二人を海溝かいこうの底へと運んでいった。



 高い段丘に白い砂がふりつもり、其処そこ此処ここあか珊瑚さんごが枝を茂らせていた。

 崖の先端からは緑の海藻がやさしげにたなびき、正体は分からないが、ピンクや黄色の花畑にみえるものが広がっている。


 この場所から、はるか遠い海面を眺めようとすると、藍色あいいろの影が幾重いくえにも重なって、厚い雲に覆われた空のようだ。


 珊瑚の森からチラチラと点滅する小魚の群れが現れて、風に散る木の葉のように二人の間を泳いでいった。


「ママ! あれ、見て!」


 先に見つけたのは林だった。


「――うそでしょ?」


 沙羅が目をみはる。



 珊瑚の森に囲まれた谷間に、見覚えのある二階家が建っていた。


「りーん! おねえちゃーん!」


 二階の出窓から、木槿むくげが手を振っている。

 その腕には、子グマのぬいぐるみが抱かれていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます