第十八章 <Ⅱ>

「しっかりしろ! 時雨しぐれ!」


 あたしは青深はるみの平手打ちで目が覚めた。


ってえ! ――なんでぶつんだよう」


畔道あぜみちで、のどかに居眠りしてるんじゃねえよ!」


 あたしの隣で、陽蕗子ひろこがほわほわと欠伸あくびをした。

 白詰草しろつめくさの咲く畔道で、陽蕗子とあたしは、もたれあって眠っていた。


 水車小屋の向こうに黄色のSUVが停まっている。

 空はあくまでも青く。小川のせせらぎは蜻蛉とんぼの群れを誘っていた。



「青深。――今日って何日?」


「またそれかよ。いい加減にしろよ」


 もう一回、はたかれた。


「あたしたち、どうしたの?」


 ようやく覚醒した陽蕗子が会話にまぎれこむ。


「お前らはどうもしないけど、リンリンとママがいなくなったんだよ!」


「ええっー?」



 コトン。コトトン。コト……。


「りいいいいいん! さあらあああああ! どこだああああ!」


 水車の回る音をかき消す勢いで、パパが叫んでいる。


「りいいいいいん! さあらあああああ!」


 ――ぐわー! ケー! ぴるるるー!


 おびえた野鳥の群れが飛び立った。いろんな種類がいそうだ。


「たいへん!」


 あたしと陽蕗子がはじけた豆のように立ち上がった、そのとき。


白銀しろがね博士はかせ! いました! ほら、あんなところに!」

 

 権平ごんだいら先生のうわずった声がとどろいた。


 ――ぐわー! ケー! ぴるるるー!


 鳥の群れが逃げまどう。――ごめんね、みんな。


 先生が指差す方を見上げると、雛壇ひなだんのような段々畑がつづく丘の上から、茄子紺のニットジャケットとベージュのミックスツイードが並んでこちらを見おろしている。


「おおーい! りん! おおーい! 沙羅さら!」


 林のパパが大きく手を振って呼びかけると、二人が手を振りかえした。


「やれやれ、良かった。お騒がせしてすみませんでした」


 パパは額に吹き出た汗をぬぐうと、をメガホンにして二人に呼びかける。


「そこにいなさーい! いま行くから――!」


「はーい」 「はーい」


 二人の明るい声が答えた。



「いやあ。お恥ずかしい。申しわけありませんでした」


 大股に歩き出したパパが、ため息混じりに苦笑する。

 しきりに汗を拭いている。かなり動揺してたみたい。


「あんなところまで、いつの間に登ったんだろうな?」


 そう言うパパも足が早い。ついていくあたしたちは半分走っている。


「奥さんは地元ですからね」


 息も切らさずにパパと同じペースで歩きながら、権平先生が笑う。


 あたしたちは、パパと権平先生の後ろから、段々畑へつづく木道の階段を駆け登っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます