第十七章 <Ⅴ>

 暗闇に耳を澄ます。


 もう一度 親友の声がききたくて 息を止めて耳を澄ます。




 ――どこにも いないの?







 闇の大地に赤い蛇のような溶岩流がうねっている。

 蛇の巣のような巨大な噴火口が、闇の中心で口を開けている。

 あれほど激しかった鳴動はしずまり、低い地鳴りしか聞こえない。 


 淡い光に守られた二人は、闇の中空なかぞらに浮かんでいた。



「ごめんなさい。りん。ポンヌフが――」


 林の翼の無い背中で、沙羅さらが泣いた。


「ポンヌフは、わたしのせい――。ママじゃないよ」


 涙をたたえた瞳が振り向いた。


「謝らないで、ママ。――ここ、わたしの夢だった」


 林は戦慄わななく唇を引き結ぶ。

 わたしが悪夢にくじけたから、ポンヌフは――。


「ごめんね、ママ。――全部、ママのせいにして」


「林? なにを言ってるの?」


 まどう眼差しが、林の瞳を見つめかえす。


「――わたしも闘う」


 林は、涙をぬぐったこぶしで、肩の髪を払いのける。


「だって。あいつは、わたしだもの!」



 闇に真っ赤な口を開けてわらっているのは、一番 卑怯ひきょうな自分だ。




「ポンヌフを取り返しにきたヤツは、わたしが夢で見たバケモノだった。おねえちゃんを、あんなバケモノの姿にけがしたのは、わたしだもの!」


 林の瞳が、キラリと地上の光をはじく。


「ちがうわ! 木槿むくげをバケモノみたいに思ってたのは――」


「ママだけじゃない!」 沙羅の言葉を、林がさえぎる。


「わたしも、おねえちゃんをバケモノだと思ってた! この悪夢は、ママの夢とわたしの夢が混ざってる! だから、こんなに真っ暗でドロドロしてるんだよ!」


「二人の悪夢――」


 沙羅と林は、暗闇の底を振りかえった。


「ねえ、ママ。ほんとうのおねえちゃんは、ぬいぐるみを作るのが上手で、料理は大嫌いで、十六歳なのに五歳の従妹いとこと親友になる女の子だよ。――いつも笑ってる女の子だよ」


 いま林は、木槿の笑顔をはっきりと思い浮かべられる。


「そうね。ほんとうの木槿は、わたしが泣いてるとそばにきて、手をつないでくれる女の子よ。誕生日には、きっと花を摘んできてくれる女の子よ」


 沙羅は頬笑んでうなずいた。


「私たちの木槿は、あんなバケモノなんかじゃないよね」



 林は、自分のてのひらに宿る光をみた。

 そこにまたたく光は、ポンヌフのプレゼントだ。


「さっき、この光に触れたら、マグマが消えちゃったよね」


「ええ。きっとポンヌフが守ってくれたのね」


「行こう、ママ!」


 林はきらきらと輝く指で、暗闇の底を差し示した。


「この光で、あの中心を貫けば、わたしたち、きっと勝てる!」


 つかたじろいだ沙羅は、やがて凛々りりしく頬笑んだ。





 林と沙羅は、流れ星のように闇を落ちていった。


 ぐんと加速がつくと、灼熱のマグマがあっという間に目の前に迫る。


 おたがいの腕が、相手を強く抱きしめる。


 もう二度とひるむものか!


 林と沙羅は、行く手の闇から目をらさなかった。




 一切の感覚が消える。




 全身を炭化し尽くすはずの炎が踊っている。



 世界が壊れる衝撃と轟音。



 その余韻がしずまると、辺りがしんと冷えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます