第十七章 <Ⅰ-2>

 それはわずかなタイムラグ。

 りんとポンヌフが沙羅さらのもとへ舞いおりる、ほんの少し前。


「ねえ、ポンヌフ。おねえちゃんは、どこから話しかけてくれてるの?」


 果てしない暗闇を見渡しながら、林は背中の翼に問いかける。

 二人は風にただよってくる匂いを頼りに、この闇の出所でどころを突きとめようしていた。


「――どこ?」


 ポンヌフが考えている。


「おねえちゃんは、にいるよ」


「あっちのおうち?」


「うん。ポンヌフのシッポも、あっち。おなかと、おててと、あんよも」


「あっちって、どっち?」


「こっちじゃない方」

 

 ポンヌフのはなしは、まるで要領を得ない。


「あっちに、おねえちゃんがいるの?」


「そうだよ。シッポも」


 シッポのところに重きを置いて、子グマがつけ加える。


 母の話では、ポンヌフのからだは、火事に巻き込まれて燃えてしまったらしい。

 あっちのおうち、というのは、この世ではない別の世界なのだろうか。

 夢でみたなつかしい家に、林はもう一度行きたかった。


「ポンヌフは、頭だけ、こっちに飛んで来たの?」


 親友には申し訳ないけれど、想像すると、ちょっと恐い。


「ちがうよ。ポンヌフはずっと、こっち」


「そうなんだ――」


 頭だけこっち。――それって、頭だけが火事から焼け残ったということかしら。


「あれって思ったら、シッポとか無くて。ぼく、しょっくだった」


 子グマがかなしげにつぶやく。


「それはショックだよね」


 林は気の毒な親友に同情する。「かわいそうなポンヌフ!」


「でもね。オショサンが見つけてくれたの」


「オショサン? ――って、和尚様?」


「うん。オショサン。シッポと、おなかと、あんよと、おててが無くなっちゃったから。ぼく、どうしよっかな? って思って、おそらを見てたの」


「ふんふん」


「そしたら、オショサンが来たの。ボクのこと見て、はじめは変な顔したんだよ。オンシュリマリのサラサラソワカーとか言って、ジャンケンポンみたいな手したから、ぼく、わあって、びっくりしたの」


「なにそれ」


 林は吹き出した。コントみたい。わけが分からないけど可笑しい。

 ポンヌフの翼に運ばれながら、林はおなかを抱えて笑った。

 笑うと不思議に、体が光で満ちあふれてくるような気がした。


「ポンヌフは、あっちにもいるの。それで、こっちにもいるの」


 子グマが得意そうに言う。


「あっちが、おねえちゃんで、こっちが、リンなの」


 林が目を丸くする。

 あの世と、この世を、自由に行き来できるぬいぐるみってこと?


「どっちにも行けるんだ? ポンヌフ、スゴイね!」


「まあねー。……ん? ……うん。 はーい!」


 ポンヌフが、急にパタパタと羽ばたきはじめる。

 急上昇した林は、あわててバランスを取る。


「うわ! どうしたの? ポンヌフ?」


「おねえちゃんが、急いで、だって」


 純白の翼が風を切って羽ばたくと、暗闇にきらめく粒子を撒いた。


「え? いま言ってるの? 聞こえたの?」


「うん。ママが危ないって!」


「ママが? ――やだ! 急ごう、ポンヌフ!」


「おっけー!」


 闇空をゆく林の耳元で、ひゅんひゅんと風が騒いだ。



 行く手から、きな臭い匂いがどろりと流れてくる。

 その匂いを嗅いだ林は、重く胸苦しい気配にたじろいだ。


「――あれはなに?」


 闇の向こうに、薄ぼんやりと明るい場所が見えた。


「ポンヌフ。煙の出てくるところって、あそこじゃない?」


「う……。すごく臭い」


 ポンヌフが鼻声で答える。


「――あ、誰かいる!」


 ぼそぼそと話す声が、水面みなもの波紋のように暗闇を伝わってくる。


「――なにか見えるよ」 林がまばたきした。


 あれはなつかしい台所。

 流し一杯の夏野菜。若いママとおねえちゃん。

 大きな冷蔵庫。美味しそうなグラス。


 ――転びそうになって駆けだすママ。


 林は顔色を変えた。――これは、あの日のママだ。それも悪夢。 


 ママの後悔が、さざ波のように林の胸に寄せてくる。


 ――ちがう! ママ、泣かないで!


 ポンヌフが林を呼ぶ。


「リン。おねえちゃんが、ママを助けてって!」


 林が叫ぶ。


「行こう、ポンヌフ! あそこに急降下!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます