第十六章 <Ⅱ-3>

 ――どうしたのかしら?


 まるで酔っているように見えたけれど。

 沙羅さらは忙しい手を休めて、もう一度冷蔵庫をのぞいた。


 梅シロップは緑の瓶。今年の梅酒は黒い瓶。

 その隣の茶色の瓶は、一昨年おととし仕込んだ梅酒の残り。


 一昨年の梅酒は、こんなにわずかだったろうか。

 胸騒ぎがした。さっき木槿むくげが飲んだのは――。まさか?


「やだ。大変!」


 濡れた手を拭きながら、あわてて木槿のあとを追いかけたが、その姿は家のなかには見当たらなかった。沙羅は縁側のサンダルをつっかけて庭におりた。


「木槿! どこにいったの? むくげー!」


 どこに行ってしまったんだろう。

 沙羅は気を揉みながら、門口から通りを見渡した。


「むくげー!」


 どうしよう。私の気のせいならいいけれど――。

 たしか、あの子はグラスに二杯も飲み干していた。

 その辺で倒れてしまったら、どうしよう。


 叔母に相談しようと母屋に戻ると、今度は叔母の姿も見えなかった。

 冷蔵庫に「お隣へ行きます」というメモが貼り付けてあった。


 ――もう、こんなときに!


 沙羅は木槿の名を呼びながら、門口へ戻る。

 近所を探そうか。サンダルの足を一歩踏み出した、そのとき。


 開け放した二階の出窓から、幼い泣き声が聞こえた。


「ままー。ままー」


 沙羅はあわててきびすを返す。 


 ――戻らなくちゃ。林が目を覚ましたわ。


 娘は寂しがりで、誰かがそばにいてやらないと、すぐに泣くのだった。


 ――たぶん梅酒くらい大丈夫だろう。もう十六歳なんだし。


 沙羅は自分に言いきかせた。

 それに梅酒を飲んだと、決まったわけでもないし。


「ままー。ままー」


 林の泣き声が大きくなる。


「はあいー。ママはここですよー」


 沙羅は子ども部屋に急いだ。





 木槿の亡骸なきがらが川で見つかったのは、その日の黄昏たそがれどきだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます