第十七章 <Ⅱ>

りん。ごめんね。――ありがとう」


 沙羅は、あたたかい胸に濡れた頬をうずめた。

 この子は、いつの間に私より背が伸びたんだろう。

 

「ママ。――わからないって、怖いんだよ」


 母を抱いて林がつぶやく。


「おねえちゃんは、どうして死んじゃったんだろう? ――わからないから、ママもわたしも、怖い夢を見るようになったんだよ」


 ――でも、わたしたちは、悔やむことをやめられるだろうか



(林。おねえちゃん。――ねえ、こっちを向いて)


 二人の背後の暗闇から、木槿むくげの姿をしたものがいざなう。



「だまれ!」


 白い翼をひるがえして振りかえったりんは、ニセモノの木槿に指を突きつけた。


「バケモノ! わたしのママに触るな!」



 ――すると。



 木槿の形をしていたは、ぐずり と溶けて形を失い、それまでたたずんでいた足元に、あかだままりをのこした。

 どろりと粘着質を帯びた血は、意志をもつように、だらだらと地をい、サークルの形に広がってゆく。血が触れたものは火花を散らして燃えあがり、新たな黒煙が立ち昇る。

 その有様は、まるで焼けただれた噴火口のようだった。


(林。行かないで)


 うめく。


(イカナイデ) (イカナイデ) (イカナイデ)


 うめき声が増幅されて、轟々ごうごうと周囲の闇が泡立つ。


(行かないで。そばにいて)


(ソバニイテ) (ソバニイテ) (ソバニイテ)


 激しい地鳴りとともに、噴火口からマグマがあふれはじめた。


 真紅と金色がまだらになったかたまりが、ボコリ、ボコリと吹きあがる。


 異様な臭気の黒煙が、二人のまわりで渦を巻いた。



「林。逃げて!」


 沙羅が叫んだ。そのとき。


 火口がはじけた!


 打ち上げ花火のように、火山かざんだんが飛び散る。

 闇に赤い亀裂が走る。

 天地を揺るがす轟音ごうおんとともに、大地が一文字にパクリと裂けた。


 ズンと空気を震わせて、マグマが高く噴き上がる。

 地球の赤い臓物ぞうもつが、滝のように降りそそぐ。


「――! ――!」


 悲鳴は誰の耳にも届かない。

 大地の鳴動は、もはや聴覚の許容範囲を越えていた。


 林は沙羅を腕に抱きしめて、力の限り羽ばたいた。

 マグマの攻撃をかわしても、二度。三度。――また来る!


 間歇泉かんけつせんのように噴き上がるマグマが、幾度も二人に襲いかかる。


 火山弾がかすった爪先に感覚がない。

 肌を溶かすような熱風が押し寄せる。

 胸を焼く臭気ガスに林は気が遠くなりかけた。


 だが、林の腕は沙羅を抱いて離さなかった。


 ――ふざけんな。こんなやつに負けるもんか!


「あつ! あつつ!」


 翼の先が焦げて、ポンヌフが悲鳴をあげた。


「だめよ。林。ママを離して! 一人で逃げなさい!」


 沙羅が泣きさけんだ。


「いやだ! 絶対はなさない!」


 わたしは、もっと速く飛べる。――もっと速く。

 こんなもんじゃない。もっと飛べる。

 なにがあっても、ママはわたしが守るんだ!


 絶え間なく襲ってくるマグマをかいくぐって、林は飛び続けた。



 バケモノが咆えた。


 六千度を越えたマグマが、白熱して噴きあがる。


(こんなに愛してるのに、どうして背を向けるの? こっちを見て。林)


 バケモノがわらった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます