第十七章 <Ⅲ>

 沙羅さらは ぞっとした。


 ――このバケモノは、まるで私だわ。


 バケモノの譫言うわごとは、私がひそかに胸の奧にめてきたことばかり。


 『水溜まりに映る自分の影は、鬼の顔でした。』




りん! あそこに、ママを落として!」


 すさまじい轟音ごうおんに負けじと、沙羅は林の耳元で叫んだ。


「そんなこと出来るわけないでしょ!」


 きゅっと林のまなじりがつり上がる。


 マグマが噴きあがるごとに、地上にはあかい亀裂が広がってゆく。

 いまでは見渡す限りの大地が噴火していた。

 絶え間なく流れだす溶岩流ようがんりゅうは、血の色で暗闇のすそふちどっていた。


「林、お願い! このバケモノはママなのよ!」


「――なに言ってんの?」


 沙羅の眼差しが、娘の横顔をいつくしむ。

 この子を守るためなら、私はなにも恐くない。

 沙羅の涙は乾いていた。


「林。『よいち姫』の鬼を憶えてる?」


 沙羅はまた娘の耳元で叫ぶ。


「おぼえてるけど。――いま、そんな話?」


 最後が金切り声になる。

 焼けた火山弾が、林の髪をかすめた。



 ――あの鬼は、宵待ち姫の夢から現れる。

   だから宵待ち姫は、鬼から逃げることができなかった。



「あの鬼みたいに、このバケモノは、ママの夢から出てきたのよ!」


 つか、沙羅と林の眼差しがからむ。


「――だからって、ママがかなうわけないよ!」


 母の告白を一蹴いっしゅうして、林はツバメのように身をひるがえす。

 林の残した白い軌跡に、火山弾があられのごとく降りそそぐ。


「ママ、あたり!」


 林の背中でポンヌフが笑い声をたてた。


「あら? いまのがポンヌフ?」


 沙羅がふしぎそうな眼差しをに林の翼に送る。


「ポンヌフ! あたりってなに?」


「おねえちゃんのヒント! ママ、あたりました」


 子グマの声がうれしそうだ。


「ヒントって……。『宵待ち姫』のこと?」


「やったあ! リンもあたりました」


 そう言えば、あの夢で、おねえちゃんは『宵待ち姫』の絵本を持っていた。

 ――宵待ち姫の鬼って、最後はたしか宵待ち姫にやっつけられるんだよね?


 そのとき。重い爆発音とともに、マグマが高くいた。

 林は爆風にあおられながらも、翼をひるがえして逃れる。


「それがなに? いまここで何の役にたつのよ!?」


 滑空する林は癇癪かんしゃくを起こす。

 時雨しぐれちゃんの言った通りだ。――なにひとつ伝わらない!


「――林。大丈夫よ。ママが助けるから」


 沙羅の温かいが、林の手を握った。

 母の瞳は、あかうごめくマグマを、きつくえている。


「ママ――?」


 林は目眩めまいに似た違和感を覚えた。

 ――ママって、こんなに勇ましい目つきができるんだ?


「――もしも、あいつに負けたら、どうなるの?」


 林がつぶやく。


「夢から覚めないんだよ」


 子グマが何でもなげに答える。


「それって。――この間の林みたいに?」


 沙羅がぴくりと肩を震わせる。


 

 地上では、またマグマがぜた。

 土砂降りの豪雨のように、燃えるマグマが降りそそぐ。


「無理だってば! こんなのと、どうやって闘うつもりよ!」


 林は高く旋回して、灼熱しゃくねつの攻撃をかわす。


「私が相手なら恐くないわ!」


 口元に笑みまで浮かべて、沙羅が言い放つ。


「――ぶんなぐってやる!」


「――ええっ?」


 林は耳を疑った。――うちのママ。いま、なんて言った?


「だってママ――。二度と目が覚めなくなったら――」


「勝つから大丈夫。ママを信じて! ママの言う通りにして!」


 沙羅の声はどこまでも凛々りりしかった。


 わたしの知ってるママじゃない。宵待ち姫みたいだ。――と林は思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます