Diary 9

〈白銀 林の日記〉 十月二十三日(日)


 ふるさとの村で、海底へゆく夢を見た。


 正確に言えば、そこはおねえちゃんの夢だった。


 だから、わたしとママは、おねえちゃんの夢のなかへお邪魔したことになる。



 パパが歓喜しそうな深い海の底の珊瑚礁さんごしょうの谷間に、なつかしいあの家があった。


 ポンヌフが「あっち」と呼んでいた、燃えてなくなってしまった二階家だ。


 おねえちゃんとポンヌフは、いまでも、あの子ども部屋で暮らしていた。



 わたしとママとおねえちゃんは、思いきりいっぱい話をした。


 ママとわたしとポンヌフが、噴火したマグマと死闘バトルを繰りひろげた話をしたら。


 おねえちゃんは大興奮して「最初から、もう一回聴かせて!」とせがんだ。


 それから、わたしの仲良しの話や、パパの新しいジョークとか。


 おねえちゃんとママとわたしは、代わりばんこに話しては、笑いころげた。


 わたしは、どうして死んじゃったのか、おねえちゃんに訊いてみた。


 そしたら、おねえちゃんがぺろっと舌を出した。




 夕暮れ近くに宵待ち橋に行ったら、白くてきれいな花がいっぱい咲いてたの。


 はじめて見る花だったのよ。うれしくってさ。


 花束にして持って帰ろうと思って、夢中で摘んだの。


 もうすぐ晩御飯の時間だったしね。


 そうなの。おなかが空いてたの。


 この花、食べられるのかなと思ったわけよ。


 葉っぱがパセリにそっくりだったから、美味しいのかなと思って。


 変な匂いがしたんだよね。


 でも、こういうのが逆に体にいいんじゃないかなと思って。


 花束を作りながら食べちゃったの。


 ものすごくイヤな味がした。だからゴクッと飲み込んじゃったのね。


 そしたら、だんだん気持ちが悪くなってきて。あとは覚えてないの。


 あれって、なんだったのかな。




 ――おばかさん。それは、ドクニンジンよ。


 ママがおねえちゃんを抱きしめて、泣いた。



 ――保健所の回覧板に書いてあったじゃないの。


 せりと間違えて食べた人が、食中毒で入院したって。



 ――だって、回覧板なんか読んでなかったんだもん。


 おねえちゃんはママに謝ったけれど、ママはなかなか泣きやまなかった。




 わたしは、昔のままのパパの本棚から植物図鑑を出して調べた。


 ソクラテスを殺したドクニンジンは、葉にも花にも猛毒がある。


 食べると一時間足らずで昏睡状態に陥り、すぐに手当をしなければ死に至る。


 なぞの真相は、あの花束だった。




 最後にわたしは、ポンヌフとハグをした。


 ――リン。ぼくのシッポ、見た? 


 うとうとしているポンヌフがつぶやいた。お昼寝をする時間だったから。


 ――見たよ。かわいいね。


 わたしはポンヌフのシッポにそっと触った。


 ――うふふん。


 子グマは眠ってしまった。




 ポンヌフ、守ってくれて、ありがとう。


 わたしはもう、ポンヌフがいなくても大丈夫だから。


 これからも、おねえちゃんを守ってね。


 ときどき夢で会えたらいいな。




 ――会えるよ。



 夢心地のポンヌフが笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます