第十五章 <Ⅱ-1>

 ――ここはどこ? だれの夢?


 白銀しろがね沙羅さらは、底無し沼のような闇に包まれていた。

 ごうごうと不気味な音が空気を震わせている。



よいひめは、山の中を一人ぼっちで さ迷いました。』


 ――どうしてこんなときに、あの絵本を思い出すのだろう。



 沙羅は何度も娘の名を呼んだ。


 りん。りん。

 返事をして。お願いだから。


 りん。りん。

 返事をして。どこにも行かないで。


 どこからも、こたえは返らない。

 沙羅は一人置き去りにされたような気がした。



 可愛かった林はどこにいったのだろう。

 いつからあの子は、あんなに冷たい声で話すようになったのだろう。

 すべて、わたしのせいだろうか。


 私は、いつまでも木槿むくげの幻を追いかける林がこわかった。

 林の見ているものが、自分には見えないのがおそろしかった。


 ――林。



 ああ――。どこか遠くで眞彦さなひこさんが呼んでいる。

 あの人のそばでは、私はいつも頬笑んでいなければならない。

 あの人の目には、ほんとうの私は見えていない。――見せてはいけない。


 あの人は若い頃から変わらない。

 惜しみなく努力する、その喜びにあふれて生きている。

 自分の目標を追いかけて、はるか遠くへ駆けていってしまう。


 ――眞彦さん。


 沙羅は呼吸が苦しくなって胸をおさえた。


 私は一人残されても、おびえることも、泣くことも怒ることも許されない。

 でも、私はそんなに強くない。私はそんなに――。


 ――キライ! 二人ともキライ!


 闇の奧で流す涙は、誰にも見えなかった。



 眞彦さんも、林も、私とは違う景色を眺めている。

 私の孤独は、いつはじまったのだろう。



 自分を呼ぶ声に背を向けて、沙羅は深い闇のなかへ歩きだした。



『誰もしらない山の奧へゆこう。

 暗い森の径をとぼとぼと、よいち姫は歩いてゆきました。』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます