第十五章 お帰りなさい

第十五章 <Ⅰ>

 黄色のSUVが景色を味わうように、ゆっくりと坂道を下ってゆく。

 紅葉の森に囲まれた田畑と家々は、まるで昔話の隠れ里のようだった。


 川縁かわべり一帯に実った稲穂の列が、秋の日差しを浴びて揺れている。

 稲田を見おろす山の傾斜地に、野菜畑や果樹園や木立に囲まれた家が建っている。


 屋根のあるバス停の向こうに、小川にかかる木橋が見えてきた。


「あれが、さっきの話にでてきた宵待ち橋だよ」


 パパが指差して教えてくれた。


「あれ? 高校のそばにも宵待ち橋ってあったよね?」


「あった、あった。サイクリングロードのとこ!」


 あたしたちがはしゃぐと、パパが笑った。


「同じ川の上流と下流だから、なにか所縁ゆかりがあるのかも知れないね」


「あ、水車小屋だ!」


 青深はるみのあげた声に、りんがピクリと身を硬くした。


「どうした? 林?」


 林の顔がひどく強張こわばっている。


 ママが心配そうに娘を振り返った。


「パパ、ここで止めてくれる?」


 唐突に林が運転席に声を掛けた。


「いいとも」


 パパがなめらかにブレーキを踏んだ。




 車から降りた林が、細い首をめぐらせて辺りを見渡した。

 茄子紺なすこん色のたっぷりしたニットが、いつか見た黒よりもずっと林に似合っていた。


「我々も降りようか」


 権平ごんだいら先生に誘われて、みんなも車を降りた。


「あ、トンボ!」


 陽蕗子が空をゆびさした。


「わあ、いっぱいいるねー」


 珊瑚さんごのように紅いアキアカネの群れが、みんなの頭上をかすめて飛んでゆく。


 コトン。コトトン。コトン。

 コトン。コトン。コトトン。


 水車が回っている。

 トタン屋根の水車小屋が、小川の堰の入り口に建っている。


 その屋根を見上げた林が、泣き出しそうな顔で振り返った。


「夢で、ここと同じ景色を見たの。――わたし、やっぱり変なのかな?」


 パパが朗らかに笑った。


「それは憶えていても、おかしくないさ。この辺りは昔とほとんど変わらないからな。林も子どもの頃に何度もここに来たんだから」


「――そうかな?」


 林は不安そうに視線を流し、ふと水車小屋の扉に目をとめた。

 扉の上の釘に四角いランタンが掲げてあったが、火は灯していなかった。


 コトン。コトトン。コトン。

 コトン。コトン。コトトン。


「あのランタンも、夢でみたわ」


 林の白い指がランタンを差した。そのときだった。


 消えていたはずのランタンが、チカチカと点滅したと思うと、真昼の光が一瞬でそこに吸い込まれた。


 めしいたような闇の中で、誰かが悲鳴を上げた。

 自分の手のひらさえ見えない。ごうごうと地鳴りのような音がとどろいている。


 ――どうしよう! だれか助けて!


 あたしの悲鳴が、いくつもの悲鳴と重なった。


「林! どこなの? 林!」


 ママが狂ったように娘の名を呼んでいる。


沙羅さら! 林! 動くな!」


 パパの張りつめた声が二人を呼んでいる。


 すると、権平先生の落ちついた声が、あたしとみんなの名を呼んだ。


桐原きりはら! 靱負ゆきえ! 石動いするぎ! 白銀しろがね! 全員その場に坐れ! 動くと危ないぞ!」


 あたしは急いでその場にしゃがみこんだ。

 隣で鼻水をすする音がする。陽蕗子ひろこの髪の匂いがした。


「陽蕗子?」 


時雨しぐれ?」


 あたしたちは、にじり寄って抱きあった。

 このふわふわした抱き心地は間違いなく、うちのウサギだ。


「あれ、見える? あれ、なに?」


 陽蕗子が耳元でささやく。


 頭の上に、ぼんやり光るものが動いている。


「見えるけど。――どうしよう」


 ぬばたまの闇に浮かんでいるものは、とびきりのファンタジー映像だった。


 ぬいぐるみの頭が、蛾の鱗粉りんぷんのような光る粉を撒き散らしながら、ふわふわと飛びまわっているのだ。


 ――リン、おかえりなさい。


 子グマが笑ったのは、覚えている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます